社会開発協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シンガポールの地区別 社会開発協議会

社会開発協議会(しゃかいかいはつきょうぎかい、Community Development Council: CDC)とは、シンガポール政府主導で作られた組織で、政府と地元社会を繋いでいる。ボランティアによって構成され、政府から金銭的な社会支援を受けている。1997年の社会開発協議会条例によって規定されている。

組織[編集]

シンガポールを下記の5地区に分け、社会開発協議会を置いている。

各協議会は選挙地区の境界で分けられており、それぞれ4から5の単独選挙区、集団選挙区がある。各協議会は大まかに人口が等しくなるようにされている。それぞれ会長と12人から80人の会員で構成されており、会長は人民協会(People's Association)の会長もしくは副会長に任命される。

外部リンク[編集]