社会的手抜き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

社会的手抜き(しゃかいてきてぬき)は、集団で共同作業を行う時に一人当たりの課題遂行量が人数の増加に伴って低下する現象。フリーライダー現象社会的怠惰とも呼ばれる。

マクシミリアン・リンゲルマン綱引き実験やラタネの大声実験が有名である。

社会的手抜きは、世代、文化、男女を問わず広く見られる。男性よりも女性に、集団主義的社会(中国、日本、台湾など)よりも個人主義的社会(カナダアメリカ合衆国など)に多く見られる。