磯有理子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

磯 有理子(いそ ありこ 1970年12月7日- )は東京都出身のアスレティックトレーナー。2002年に女性としてNFL初のアスレティックトレーナーとなった[1]

経歴[編集]

中学・高校ではバスケットボールのキャプテンを務めた彼女はひざを痛めて選手となることを断念[2][3]スポーツ医学への道を志すようになった[4]。高校卒業後、オレゴン州立大学に入学し1993年に大学を卒業し理学士を取り、サンノゼ州立大学の大学院に進学し1995年に修士号を取得した[5]1994 FIFAワールドカップでも彼女は活動を行った。

1996年ポートランド州立大学のアスレティックトレーナーに採用され女子バスケットボール、レスリング陸上競技などを経てアメリカンフットボールのトレーナーを5年間務めた[5]

2000年、2001年、NFLピッツバーグ・スティーラーズのトレーニングキャンプにインターンシップで参加した[6][5] 縁もあり2002年女性としては史上3人目となる男子プロスポーツのアスレティックトレーナーとなった。それまでの2人はいずれもNBAであり、NFLでは彼女が最初となった[7][8]。2005年にはハワイ州ホノルルで行われたプロボウルビル・カウアーのスタッフとして出場した[9]

2006年に行われた第40回スーパーボウルにチームが優勝した後、選手、コーチらと共にジョージ・W・ブッシュ大統領からホワイトハウスに招待された。優勝チームのスタッフにもスーパーボウルリングが全員贈られるが彼女はペンダントをリングの代わりに受け取った[10]

2009年、スティーラーズが第43回スーパーボウルに出場し2度目のスーパーボウル出場を経験した[3]。この時観戦に訪れる両親にはトロイ・ポラマルのジャージを贈った[11]。試合はスティーラーズの勝利に終わったが試合終了後もネイト・ワシントンX線撮影に連れて行くなどの仕事に追われた[12]。このときの勝利では、選手らと共にスーパーボウルリングをチームから贈られている。

2010年、スティーラーズに加わったベテランオフェンシブラインマンのフローゼル・アダムスからも絶大な信頼を得ており彼のテーピングを務めている[13]。また同じ年にスティーラーズに入団したワイドレシーバーのアントワン・ランドルエル、ラインバッカーのラリー・フーツとは特に親交が深い。

2011年、スティーラーズが第45回スーパーボウル出場を果たした結果、9シーズンで3回目のスーパーボウル経験となった[14][15][16]

2011年6月より、オレゴン州立大学のヘッド・フットボール・アスレチック・トレーナーに就任している[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Baranick, Karen (2003年3月6日). “A Pioneer in the field of athletic training will speak”. The Daily Barometer. 2009年9月6日閲覧。
  2. ^ アスレティック・トレーニング マックスキャリア 2009年9月8日閲覧
  3. ^ a b 肉弾戦支える日本人女性トレーナー スティーラーズの磯さん 産経新聞 2009年1月31日
  4. ^ 日本人磯有理子さんがNFL初の女性トレーナーに NFL JAPAN 2002年7月26日
  5. ^ a b c NFLでただ一人の日本人女性トレーナー、磯有理子さん AFP 2009年1月30日
  6. ^ Steelers hire league's first full-time female athletic trainer” (2008年7月25日). 2009年9月6日閲覧。
  7. ^ 磯有理子(スティーラーズトレーナー) 生沢浩 2009年9月8日閲覧
  8. ^ Mihoces, Gary (2002年8月6日). “Training leads to big break”. USAトゥデイ. 2009年9月6日閲覧。
  9. ^ Trainer’s not on the park blocks anymore”. The Portland Tribune (2008年1月31日). 2009年9月6日閲覧。
  10. ^ NFL日本人チアリーダー紹介 NFL JAPAN 2009年9月8日閲覧
  11. ^ 「一生に一度が2回も」と日本人女性トレーナー NFL JAPAN 2009年1月30日
  12. ^ 激闘が終わった後の舞台裏 ―後編― NFL JAPAN 2009年2月2日
  13. ^ 渡辺史敏 (2011年2月3日). “スティーラーズのOTアダムスを直撃”. NFL JAPAN. 2011年2月5日閲覧。
  14. ^ 渡辺史敏 (2011年2月2日). “スティーラーズの日本人トレーナーにインタビュー”. NFL JAPAN. 2011年2月5日閲覧。
  15. ^ 大男見守る日本人女性トレーナー スティーラーズと3度目の大舞台”. 産経ニュース (2011年2月5日). 2011年2月5日閲覧。
  16. ^ 猛者支える女性トレーナー=スティーラーズの磯さん”. 時事通信 (2011年2月4日). 2011年2月5日閲覧。
  17. ^ 渡辺史敏 (2011年6月3日). “NFLからカレッジへ!女性トレーナー磯さんの功績とは?【前編】”. NFL JAPAN. 2011年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]