磯撫で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹原春泉画『絵本百物語』より「磯撫で」

磯撫で(いそなで)は、肥前松浦をはじめ西日本近海に伝わる怪魚[1][2][3]江戸時代の奇談集『絵本百物語』に記述がある[3]。古書『本草異考』では巨口鰐(おおぐちわに)と呼ばれている[1]

概要[編集]

外見はサメに似ており、尾びれに細かい針がおろし金のように無数にある[1][2]

北風が強く吹くと現れ、近くの海を通りかかる船を襲う。その襲い方は実に巧みで、水を蹴散らして泳ぐのではなく、あたかも海面を撫でるかのように近づき[2]、人を襲うまでは決して姿を見せない。そして尾びれの針で人を引っ掛けて海中に落とし、食べてしまう[1][3]

船に乗っている人は、磯撫での接近にまず気づくことはない。何となく海の色が変わったと思った時点で既に手遅れであり、仰ぐような風を感じると、それが海面から浮かび上がった磯撫での尾の起こした風である。磯撫でが現れたと気づいた頃には、既に尾びれで捕えられている結果となる[2]

船乗りにとっては決して防ぐことのできない恐るべき存在であり、また魚を釣るはずの人間が逆に魚に釣り上げられてしまうという、皮肉な存在でもある[2]

「磯撫で」の名の由来は、海面を撫でるかのような現れ方が由来という説や、尾びれで人を襲う様子が撫でるように見えるという説がある[1]

三重県熊野市では、海辺に死人がいると「磯撫でに撫でられたのだろう」といわれたという[4]

妖怪研究家・多田克己の推測によれば、この磯撫では想像上のものではなく、シャチのことを指しているとしている[5]。しかしシャチには磯撫でのような尾の針などはないが、多田克己は、室町時代頃に日本が中国東南アジアと貿易し始めたことから、東南アジアに進出した日本人が現地のイリエワニを見て、そのイリエワニの背から尾にかけての突起が、磯撫での尾の針などの表現につながったと推測している[5]

同種の怪魚[編集]

影鰐(かげわに)
島根県邇摩郡温泉津町(現・大田市)に伝わる怪魚[6]出雲地方の海に棲む怪魚で、海面に映った船乗りの影を飲み込み、影を奪われた者は必ず死んでしまうという[7]
影を飲まれそうになった船夫が逆に影鰐を銃で撃ち殺したところ、陸に上がって浜を歩いているとき、影鰐の骨が足の裏に刺さって死んでしまったという[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 多田克己 『幻想世界の住人たち IV 日本編』 新紀元社、1990年、149頁。ISBN 4-915-14644-8
  2. ^ a b c d e 水木しげる 『妖鬼化 5 東北・九州編』 Softgarage、2004年、79頁。ISBN 4-861-33027-0
  3. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社、2000年、35-36頁。ISBN 4-620-31428-5
  4. ^ 民俗採訪 通巻昭和34年度号 三重県熊野市荒坂地区ほか怪異・妖怪伝承データベース内) 2008年6月17日閲覧
  5. ^ a b 多田克己編 『竹原春泉 絵本百物語 -桃山人夜話-』 国書刊行会、1997年、126-127頁。ISBN 4-336-03948-8
  6. ^ かつて日本で「鰐(わに)」は爬虫類ワニではなくサメを指していたことと同様、影鰐の「鰐」もサメの意味である。
  7. ^ 『妖怪事典』 100頁。
  8. ^ 郷土研究 7巻4号 影わに-犬神・牛鬼・河童 (怪異・妖怪伝承データベース内) 2008年6月17日閲覧

関連項目[編集]