磯城皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

磯城皇子(しきのみこ、7世紀後半頃)は、飛鳥時代皇族天武天皇の子。冠位は浄広壱。

概要[編集]

事績は明らかでなく、朱鳥元年(686年)8月に志貴皇子と共に封200戸を加えられたが、以後の消息は分かっていない。天武8年(679年)の吉野の盟約に参加した諸皇子に名を連ねていないこと、また『新撰姓氏録』に「浄広壱」とあり大宝律令位階制(大宝元年〔701年〕成立)による叙位を受けていないことから、大宝律令成立直前に30歳前後で早世したと推定される。また、母親の身分が高くなかったことも関係して、数多くいた天武天皇の皇子の中では影の薄い存在であった。

なお、「微過に縁て」皇子の列から除かれたという御方大野の父[1]を磯城皇子と見る説があるが、その根拠は乏しい。

系譜[編集]

  • 妻:不詳
    • 男子:倭王[2]
    • 男子:広瀬王[2]
    • 男子:酒部王[2](?-730)

三園真人笠原真人等の後裔氏族が知られ[3]、また5代孫の坂井王は貞観4年(862年)に清春真人を賜姓されて臣籍降下している(一説に貞観7年〔865年〕とも)[4]

脚注[編集]

  1. ^ 続日本紀天平19年10月3日条
  2. ^ a b c 澤田[1990: 78]
  3. ^ 『新撰姓氏録』左京皇別
  4. ^ 日本三代実録』貞観4年5月22日条、同7年6月23日条

参考文献[編集]

  • 澤田浩「『薬師寺縁起』所引天武系皇親系図について」『國史学』第142号、国史学会、1990年