磐前郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福島県磐前郡の範囲

磐前郡(いわさきぐん)は、現在の福島県浜通り南部(陸奥国磐城国)にあった

郡域[編集]

1878年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、いわき市の一部(常磐内郷小名浜鹿島町好間町三和町各町、江名・折戸・中之作・永崎・洋向台および各町のうち夏井川以南)にあたる。

歴史[編集]

近代以降の沿革[編集]

知行 村数 村名
幕府領
幕府領 29村 湯本村、金成村、林城村、下船尾村、野田村、岩出村、住吉村、相子島村、上船尾村、下神白村、松久須根村、船戸村、米田村、走熊村、御代村、中島村、下大越村、米野村、岡小名村、永崎村、上神白村、上大越村、合戸村、上永井村、下永井村、中町村、西町村、藤間村、荒田目村
藩領 陸奥磐城平藩 41村 愛谷村、上矢田村、下矢田村、飯田村、上高久村、三沢村、中之作村、中好間村、久保町村、沼ノ内村、神谷作村、吉野谷村、小泉村、下高久村、上荒川村、上山口村、下山口村、北目村、十五町目村、長橋村、川中子村、内町村、小島村、御台境村、北好間村、高坂村、御厩村、綴村、下好間村、上好間村[1]、今新田村、小谷作村、山崎村、南白土村、菅波村、中山村、谷川瀬村、下荒川村、北白土村、薄磯村、町分村
陸奥湯長谷藩 25村 下湯長谷村、大原村、関村、馬玉村、水野谷村、長孫村、中藤原村、下藤原村、島村、南富岡村、上藤原村、北白鳥村、熊野堂村、南白鳥村、上蔵持村、下蔵持村、久保村、大利村、榊小屋村、白水村、宮村、高野村、豊間村、江名村、上湯長谷村
常陸笠間藩 14村 渡戸村、中寺村、下市萱村、上市萱村、上三坂村、中三坂村、差塩村、下三坂上村、下三坂下村、塩田村、高萩村、三島村、上北方村、下北方村
陸奥棚倉藩 1村 西小川村
幕府領・藩領 幕府領・湯長谷藩 1村 岩ヶ岡村
  • 慶応2年6月19日1866年7月30日) - 棚倉藩が武蔵川越藩転封。陸奥白河藩が棚倉藩に転封。
  • 慶応4年
  • 明治元年
    • 12月7日1869年1月19日
      • 陸奥国が分割され、本郡は磐城国の所属となる。
      • 磐城平藩の減封にともなう領地替えのため、幕府領の一部(下大越村、上大越村、藤間村、荒田目村)が磐城平藩領となる。
      • 棚倉藩領および磐城平藩領の一部(下矢田村、飯田村、三沢村、中之作村、沼ノ内村、神谷作村、上山口村、下山口村、薄磯村および吉野谷村の一部)が磐城中村藩常陸笠間藩取締地となる。中村藩取締地は桑折県を称した[2]
    • 12月24日(1869年2月5日) - 白河藩が棚倉藩に転封のうえ減封(現状に即した形となる)。
    • 8月7日(1869年9月12日) - 幕府領と中村藩・笠間藩取締地が白河県の管轄となる。
  • 明治4年
  • 明治7年(1874年) - 上北方村、下北方村の所属郡が石川郡に変更[3]。(109村)
  • 明治9年(1876年8月21日 - 第2次府県統合により福島県の管轄となる。
  • 明治12年(1879年)(110村)
    • 1月27日 - 郡区町村編制法の福島県での施行により行政区画としての磐前郡が発足。「菊多磐前磐城郡役所」が平町に設置され、菊多郡磐城郡とともに管轄。
    • 菊多郡西郷村、磐城郡赤井村の所属郡が当郡に変更。
    • 久保町村が北好間村に合併。
  • 明治13年(1880年) - 北白鳥村・熊野堂村・南白鳥村が合併して白鳥村となる。(108村)
  • 明治14年(1881年)(104村)
    • 上船尾村・関村が合併して関船村となる。
    • 中島村・米野村・中町村・西町村が合併して小名浜村となる。
  • 明治15年(1882年)(101村)
    • 中藤原村・下藤原村・上藤原村が合併して藤原村となる。
    • 下三坂上村・下三坂下村が合併して下三坂村となる。
  • 明治16年(1883年) - 北目村・十五町目村・長橋村・町分村が合併して平町となる。(1町97村)
11.平町 12.小名浜町 13.内郷村 14.飯野村 15.夏井村 16.高久村 17.豊間村 18.江名村 19.鹿島村 20.玉川村 21.磐崎村 22.湯本村 23.好間村 24.赤井村 25.沢渡村 26.三阪村 27.永戸村 28.箕輪村(紫:いわき市 1 - 8は磐城郡 31 - 43は菊多郡 51は楢葉郡川前村)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により以下の町村が発足。全域が現・いわき市。(2町16村)
    • 平町(単独町制)
    • 小名浜町(小名浜村が単独町制)
    • 内郷村 ← 小島村、御台境村、御厩村、高坂村、内町村、綴村、白水村、宮村
    • 飯野村 ← 南白土村、北白土村、上荒川村、下荒川村、谷川瀬村、中山村、小泉村、吉野谷村、上高久村
    • 夏井村 ← 上大越村、下大越村、荒田目村、山崎村、菅波村、藤間村
    • 高久村 ← 下高久村、上山口村、下山口村、神谷作村
    • 豊間村 ← 薄磯村、豊間村、沼ノ内村
    • 江名村 ← 江名村、中之作村、永崎村、下神白村、上神白村
    • 鹿島村 ← 上矢田村、下矢田村、松久須根村、三沢村、米田村、下蔵持村、上蔵持村、走熊村、久保村、船戸村、飯田村、御代村
    • 玉川村 ← 岡小名村、大原村、住吉村、金成村、林城村、岩出村、野田村、相子島村、南富岡村、島村
    • 磐崎村 ← 水野谷村、関船村、下船尾村、下湯長谷村、上湯長谷村、藤原村、馬玉村、長孫村、白鳥村、西郷村、岩ヶ岡村
    • 湯本村(単独村制)
    • 好間村 ← 上好間村、中好間村、下好間村、北好間村、今新田村、川中子村、愛谷村、小谷作村
    • 赤井村 ← 三島村、高萩村、西小川村、赤井村、塩田村
    • 沢渡村 ← 中寺村、下市萱村、上市萱村
    • 三阪村 ← 上三坂村、中三坂村、下三坂村、差塩村
    • 永戸村 ← 合戸村、渡戸村、上永井村、下永井村
    • 箕輪村 ← 高野村、榊小屋村、大利村
  • 明治29年(1896年)4月1日 - 菊多郡・磐前郡・磐城郡および標葉郡の一部(川前村)の区域をもって石城郡が発足。同日磐前郡廃止。


変遷表[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上好間村、上好間村上組に分かれて記載。
  2. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。
  3. ^ 1882年とする資料もある。

関連項目[編集]

先代:
石城郡(第1次)
行政区の変遷
1180年頃 - 1896年
次代:
石城郡(第2次)