磁気治療器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

磁気治療器(じきちりょうき)は、磁力線を使用した医療機器のことである。


日本における磁気治療器(永久磁石型)[編集]

日本において通常はネックレスブレスレット絆創膏下着に粒状の強力永久磁石を内蔵して、その磁気の力で疾病の予防、改善、治療の役に立てることを意図している。医家(医療機関)向けには据え置き型の交流式磁気治療器も存在する。

装身具や下着類似の形状の保持部分に高強度の磁力線を発する永久磁石が通常複数個、埋め込まれており、使用者の体表面近くに常時接することになる。磁力の強度はさまざまだが、たとえば大手の商品では一粒が80-180ミリテスラ(800-1,800ガウス)を内蔵する強力磁石が数個から数十個含まれている。

日本の薬事法においては磁気治療器は管理医療機器・家庭用磁気治療器(一般的名称:家庭用永久磁石治療器)に区分されており[要出典]、人の体への影響を意図した製品であれば、すべて医療機器として認証もしくは承認を得なければならない[要出典]、と指摘されている[いつ?]家庭用磁気治療器は、購入にあたって医師の処方は不要で、管理医療機器販売業届提出済みもしくは高度管理医療機器等販売業許可取得済みの店舗・事業者から購入が可能である[要出典]

仕組みと効果に関する説明例[編集]

典型的な説明では作用のしくみは、「この強力な磁力線が血管内のヘモグロビン鉄に働きかけて血流を促すことで肩こりが改善される[要出典]」とされる[誰?]。また「磁力が血液中のイオンを増やし、イオンが神経に働きかけることでマッサージ効果が発生する[要出典]」というのもある。別な説明では「磁力がヘモグロビンから酸素を解離させることで磁石付近のコリが改善される[要出典]」というのもある。

批判[編集]

治療の効果を疑問視する声も上がっている[要出典]。「疑似科学ではないか[要出典]」「単なるプラセボ効果ではないか[要出典]」という見解を表明する人もいる[誰?][いつ?]

効く効かないの論争以前に、医療機器としての認証・承認を得ていない健康関連商品の宣伝広告には、あまりにも明らかな疑似科学による治療効果の説明が多数発見されるので、疑似科学と科学の峻別が出来る者の目からみれば、あらゆる磁気治療器関連商品がすべて疑似科学商品と見られているのが現状である。[要出典]」と解説する人もいる[誰?][いつ?]

また磁気治療器に関して「医療機器としての認証や承認を得ていない磁気治療器は、未承認医療機器として薬事法に違反したものであり、疾病の改善や予防に効果があると謳うことも許されない[要出典]」と指摘した人がいる[誰?][いつ?]

使用上の注意[編集]

装身具タイプの金属製品の中には装着者の皮膚アレルギー(金属アレルギー)を誘発するものがあるので注意が必要である[要出典]

出典[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]