硫酸鉛鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫酸鉛鉱
硫酸鉛鉱の結晶
分類 硫酸塩鉱物
化学式 PbSO4
結晶系 斜方晶系
へき開 一方向に完全
モース硬度 2.5 - 3
光沢 金剛光沢
無色、黄色
条痕 白色
比重 6.38
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

硫酸鉛鉱(りゅうさんえんこう/りゅうさんなまりこう、Anglesite)は硫酸鉛(II)を成分とする硫酸塩鉱物の一種である。まとまって産出する場合は鉱石として採掘されることもある。

産出[編集]

鉱床の地表面付近に産出し、方鉛鉱の酸化により生成する二次鉱物である。粒状の団塊および成長した結晶状のものが存在し、未変成の方鉛鉱を伴うことが多い。また方鉛鉱の仮晶の外観をなすものも存在する。

PbS + 2 O2 → PbSO4

主な産地はイタリアのMonteponi、モロッコのTouissitであり、日本では尾去沢鉱山である。また英語名Anglesiteはイギリスの産地アングルシー島 (Anglesey)の銅山において1783年に発見されたことに由来する[1]

性質[編集]

硫酸鉛鉱の結晶の外観

斜方晶系に属し、鉛イオン,Pb2+イオン半径バリウム,Ba2+およびストロンチウム,Sr2+に近いことから重晶石および天青石と同じ構造であるが、硬度はこれらよりやや低く、密度は高い[2]格子定数はa=8.45Å、b=5.38Å、c=6.93Åである。約864℃の転移温度で単斜晶系同質異像構造に変化する[3]

重晶石などのアルカリ土類金属の硫酸塩と固溶体を形成し、北投石は重晶石と硫酸鉛鉱の固溶体に相当する。北投石はバリウム>鉛であるが、バリウム<鉛の固溶体はワイズバッハ石と呼ばれる。

無色の金剛光沢および白色のものが多いが黄色、飴色や稀に緑色のものも存在する。

劈開は天青石より劣り不完全であり、底面方向のみ良好である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 堀秀道 『楽しい鉱物図鑑』 草思社、1992年
  2. ^ 木下亀城、小川留太郎 『標準原色図鑑全集 岩石鉱物』 保育社、1967年
  3. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年