硝酸マグネシウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硝酸マグネシウム
識別情報
CAS登録番号
15750-45-5(二水和物)
13446-18-9(六水和物) 10377-60-3(無水物)
15750-45-5(二水和物)
13446-18-9(六水和物)
特性
化学式 Mg(NO3)2
モル質量 148.30 g/mol
外観 無色結晶
密度 1.64 g/cm3(六水和物)
融点

89 ℃(六水和物)

沸点

分解

への溶解度 125 g/100g水
構造
結晶構造 単斜晶系(六水和物)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −790.65 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 164.0 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 141.92 J mol−1K−1
危険性
MSDS External MSDS
主な危険性 酸化剤 (O)
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
3
OX
Rフレーズ R8
Sフレーズ S24/25
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陽イオン 硝酸バリウム;硝酸ストロンチウム;硝酸カルシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硝酸マグネシウム(しょうさんマグネシウム、Magnesium nitrate)は組成式 Mg(NO3)2 で表される、マグネシウム硝酸塩である。無水物は市販されず、6水和物として市販されている。

合成[編集]

水酸化マグネシウム水溶液と硝酸による中和反応、または炭酸マグネシウムを硝酸に溶解して水溶液が得られる[2][3]

Mg(OH)2 + 2 HNO3 → Mg(NO3)2 + 2 H2O
MgCO3 + 2 HNO3 → Mg(NO3)2 + CO2 + H2O

水溶液を濃縮すると6水和物Mg(NO3)2·6H2Oが析出する。また飽和水溶液に濃硝酸を加えると2水和物Mg(NO3)2·2H2Oが析出する。

性質[編集]

無色結晶で水に溶解しやすく潮解性をもち、6水和物は単斜晶系に属する。 エタノール及びアセトンに可溶である。

6水和物は融点以上で分解が始まり塩基性塩を生成し、さらに400℃程度に加熱すると酸素および二酸化窒素を放出して酸化マグネシウムとなる。

3 Mg(NO3)2·6H2O → Mg3(OH)2(NO3)4·4H2O + 2 HNO3 + 14 H2O
2 Mg(NO3)2 → 2 MgO + 4 NO2 + O2

参考文献[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  3. ^ 日本化学会編 『新実験化学講座 無機化合物の合成II』 丸善、1977年