研究学園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 茨城県 > つくば市 > 研究学園
研究学園
—  町丁  —
研究学園駅前
研究学園の位置
研究学園
研究学園の位置
座標: 北緯36度5分0.5秒 東経140度4分35.9秒 / 北緯36.083472度 東経140.076639度 / 36.083472; 140.076639
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Ibaraki Prefecture.svg 茨城県
市町村 Flag of Tsukuba Ibaraki.JPG つくば市
地区 谷田部地区
町名実施 2014年平成26年)6月28日
面積
 - 計 1.38km2 (0.5mi2)
標高 23m (75ft)
人口 (2012年(平成24年)4月1日)[1]
 - 計 5,530人
 - 人口密度 4,007.2人/km² (10,378.7人/mi²)
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 305-0817(筑波学園局管区)
市外局番 029(土浦MA)
ナンバープレート つくば
※座標・標高はつくば市役所付近
開発中の研究学園駅周辺
住宅街
住宅街(2)
つくば市役所

研究学園(けんきゅうがくえん)は、茨城県つくば市の町名。現行行政地名で研究学園一丁目から研究学園七丁目が設定されている。つくば市役所が所在する地域である。

地理[編集]

つくば市中央部に位置する。首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス研究学園駅の北側に当たり、全域が研究学園都市の副都心機能を担うエリア(つくばエクスプレスタウン研究学園葛城地区)として整備が行われている[2][3]。また、筑波研究学園都市研究学園地区に隣接し[4]、研究学園葛城地区の中で最も開発が進んでいる地域である。地域内にはつくば市役所iiasつくば筑波銀行つくば副都心支店(iiasつくば内)があり、地域内を新都市中央通りが通る。計画人口は12,240人。

東は春日、西は中東原新田、南は学園南、北は学園の森と接している。

丁目と仮換地番号[編集]

2014年平成26年)6月28日、土地区画整理法第103条第4項による換地処分により、正式運用が開始された[5]。それまで使用されていた仮換地街区画地番号は以下の丁目に設定されていた(番号は研究学園・学園南・学園の森で通し番号となっていた)。

  • 研究学園一丁目 - D31〜D34(計画人口180人、0.13km2
  • 研究学園二丁目 - D35〜D55(計画人口1,260人、0.17km2
  • 研究学園三丁目 - C10〜C28(計画人口2,110人、0.22km2
  • 研究学園四丁目 - C29〜C43(計画人口2,610人、0.22km2
  • 研究学園五丁目 - D1〜D19、D47〜D50、D75(計画人口2,060人、0.3km2
  • 研究学園六丁目 - A49〜A59、E21〜E43(計画人口2,140人、0.2km2
  • 研究学園七丁目 - A60〜A74、E1〜E20、E54〜E56、E128(計画人口1,880人、0.14km2

歴史[編集]

かつては新治郡面野井村、苅間村、下平塚村、根崎村の各一部で、1889年明治22年)より葛城村1896年(明治29年)に筑波郡に移行)、1955年昭和30年)より筑波郡谷田部町1987年(昭和62年)よりつくば市の大字面野井、大字刈間、大字下平塚、大字葛城根崎(1955年(昭和30年)まで大字根崎)の一部となっていた。第二次世界大戦前後には地域内は葛城村の村有地が存在していたが、戦後に開拓者に払い下げられ農業地域として開拓が行われた。その後、県の用地買収によって1964年(昭和39年)に日本自動車研究所が開設されたが、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス建設に当たり、研究所敷地内に駅の設置及び新市街地の建設が計画され、再度用地を買収[6]。筑波研究学園都市の副都心機能を持つ街として開発が進められている。

地名の由来[編集]

つくばエクスプレスの駅名「研究学園」より。

町名の変遷[編集]

実施後 実施年月日 実施前(各大字ともその一部)
研究学園一丁目 2014年(平成26年)6月28日 苅間、東平塚、葛城根崎
研究学園二丁目 面野井、苅間、東平塚
研究学園三丁目 面野井、苅間、東平塚、遠東
研究学園四丁目 東平塚、下平塚
研究学園五丁目 苅間、東平塚、下平塚、葛城根崎
研究学園六丁目 苅間、下平塚、葛城根崎
研究学園七丁目 苅間

施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ つくば市市民課"つくば市 行政区別人口統計表"2012年4月1日現在(2012年5月5日閲覧)
    人口は本表の「東平塚研究学園」・「下平塚研究学園」・「苅間研究学園」・「葛城根崎研究学園」・「面野井研究学園」・「研究学園E46-56」の合算値である。
  2. ^ 研究学園 葛城地区(葛城一体型特定土地区画整理事業)”. つくばエクスプレス沿線のまちづくり. 2010年8月21日閲覧。
  3. ^ 研究学園 葛城”. UR都市機構. 2010年8月21日閲覧。
  4. ^ 本項目で扱っている「研究学園」は、筑波研究学園都市では「研究学園地区」ではなく「周辺開発地区」に位置する。詳しくは筑波研究学園都市を参照。
  5. ^ つくば市 | 研究学園駅地区・新旧住所表示の対照表 2014年7月5日閲覧。
  6. ^ 第2部1”. 常陽新聞ニュース. 2010年8月21日閲覧。

関連項目[編集]