研究会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

研究会(けんきゅうかい)とは、学術芸術などある領域に関する有識者、関心を持つ者、あるいは企業大学生クラブ活動(サークル活動)などが組織を構成する集団のこと。

概要[編集]

その組織態様は学会に極めて近いものから単なる内輪の趣味の集まりまで様々である。昆虫学等の自然誌系や郷土史系の研究会で、プロの研究者とセミプロ級のアマチュア研究家及び一般愛好家のそれぞれを構成員として抱える組織の場合、学術組織的側面と趣味の集まりの会的側面の二面性を持つ事が多い。

学術組織の場合、まず研究会として発足し、組織基盤が固まり、拡大していった際に「学会」と名称変更するパターンがある。。研究会の名称ながら社団法人格を持つ現代風俗研究会などの例もある。行政機関に設けられる有識者の会合にも、しばしば「研究会」の名称が見受けられる。懇談会も参照。

将棋界では、波長と実力が合うプロ棋士が少人数で研鑽に努める集まりを「研究会」と呼び、島朗が主催し羽生善治佐藤康光らが集まった「島研」などが有名である。

二つの異なる意味を持つ同義語もあり、落語研究会興行落語研究会 (落語会)クラブ活動落語研究会 (サークル活動)の区分がある。

関連項目[編集]