砂泊かん秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「砂泊諴秀」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

砂泊諴秀(すなどまり かんしゅう、(本名兼平)1923年-2010年11月13日[1])は、日本合気道家。植芝盛平の高弟。

略歴[編集]

大正12年鹿児島県に生まれる。10代で植芝盛平の内弟子として入門。1954年昭和29年)から熊本市において合氣道万生館道場を開設、熊本市を中心に九州各県に合気道の普及を図る。1961年(昭和36年)、植芝盛平より合気道9段を允可される。1969年(昭和44年)植芝盛平の死去を機に(財)合気会を離れ、「万生館合氣道」として独立、熊本市に本部道場を置き、合気道普及につとめる。

1999年平成11年)1月11日、それまでの「万生館合氣道」を「合氣万生道」と改名。2008年(平成20年)1月11日、「万生館合氣道」と改名。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.aikidojournal.com/encyclopedia?entryID=642

外部リンク[編集]