砂時計星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
砂時計星雲
MyCn18-crop.png
ハッブル宇宙望遠鏡による砂時計星雲の画像
星座 はえ座
視等級 (V) 13.0[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 13h 39m 35.071s[1]
赤緯 (Dec, δ) -67° 22′ 51.74″[1]
距離 約8 000光年 (約2 500パーセク)[2]
約10 000光年 (3 165パーセク) [1]
別名称
別名称
ESO 97-1[1]

Engraved Hourglass Nebula[1]
Etched Hourglass Nebula[1]

PN MyCn 18[1]
■Project ■Template

砂時計星雲[3]Engraved Hourglass Nebula 、MyCn 18)は、はえ座の方角に地球から約8000光年の位置にある若い惑星状星雲である。アニー・ジャンプ・キャノンとマーガレット・メイオールがヘンリー・ドレイパーカタログの拡張作業中に発見した。当時、この天体は単に小さくて暗い惑星状星雲とされたが、ジェット推進研究所のRaghvendra SahaiとJohn Traugerらがより進んだ望遠鏡や撮影技術を用いて、1996年1月18日にその砂時計のような形状を明らかにした。MyCn 18の砂時計の形状は、赤道地方が極地方よりも濃く、ゆっくりと拡張する分子雲の中で、速い恒星風が吹いたために形成されたと考えられている。

干潟星雲の中に The Hourglass Nebula[4][5]と呼ばれる別の星雲が存在する。

現代文化での言及[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h SIMBAD Astronomical Database”. Results for ENGRAVED HOURGLASS NEBULA. 2015年1月10日閲覧。
  2. ^ “Hubble Finds an Hourglass Nebula around a Dying Star” (プレスリリース), HabbleSite, (1996年1月16日), http://hubblesite.org/newscenter/archive/releases/1996/07/fastfacts/ 2015年1月10日閲覧。 
  3. ^ ハッブルが捉えた、死にゆく恒星の姿”. AstroArts (2003年12月8日). 2015年1月10日閲覧。
  4. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for HOURGLASS NEBULA. 2015年1月10日閲覧。
  5. ^ The Hourglass Nebula”. 1996年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月10日閲覧。

座標: 星図 13h 39m 35.12s, -67º 22' 51.45''