石鍋裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石鍋裕(いしなべ ゆたか、1948年2月7日 - )は、神奈川県横浜市出身のフランス料理シェフ

石鍋はフジテレビの料理番組『料理の鉄人』に初代フレンチの鉄人として出演していたことで知られる。番組では緑のコスチュームを着用し、パプリカを手に登場。食材への創造的なアプローチにより、石鍋は番組中で「フランス料理界のヴィスコンティ」のニックネームで呼ばれた。

石鍋が『料理の鉄人』に出演したのは1993年10月の番組開始から同年12月末までの3ヶ月間だけで、鉄人としての実戦はわずかに5回だった(対戦成績は4勝1敗)。これは、オーナーシェフとして多忙を極めていた石鍋には『料理の鉄人』への出演は負担が大きく、元々番組への出演を渋っていたが、番組スタッフ側の「3か月だけでもいいから出てほしい」という説得に応えての出演であった。番組降板後は「名誉鉄人」となり、1995年に2度、そして1998年に放送された「鹿賀主催試食2000皿対決」に後任の坂井宏行とともに出演している(鉄人時代を含めた通算成績は7勝1敗)。

現在、東京西麻布を本拠とするレストランチェーン「クイーン・アリス」を経営している。

出演[編集]

外部リンク[編集]