石見利勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
石見 利勝
いわみ としかつ
Toshikatsu Iwami June09 1.jpg
生年月日 1941年8月14日(73歳)
出生地 兵庫県姫路市
出身校 京都大学理学部
東洋大学工学部
東京工業大学大学院
前職 立命館大学教授
所属政党 無所属
称号 工学博士(東京工業大学
公式サイト 石見としかつ後援会-新生姫路市民の会

当選回数 3回
任期 2003年4月 - 現職
テンプレートを表示

石見 利勝(いわみ としかつ、1941年8月14日 - )は、日本政治家兵庫県姫路市長(3期)。

父は元姫路市長の石見元秀

来歴[編集]

兵庫県姫路市生まれ。兵庫県立姫路西高等学校京都大学理学部宇宙物理学科、東洋大学工学部建築学科卒業。東京工業大学大学院に進学し、石原舜介研究室で都市計画を専攻。1973年、東京工業大学大学院理工学研究科博士課程を修了し、工学博士号を取得した。1974年より東京工業大学助手1979年建設省建築研究所主任研究員に着任し、1983年には同研究所第六研究部都市防災研究室長に就任した。1987年筑波大学助教授に着任。1994年より立命館大学政策科学部教授、1998年には政策科学部長、政策科学研究科長に就任した。

2003年姫路市長選挙に無所属で出馬。現職の堀川和洋姫路市長を破り、初当選を果たした。2007年の姫路市長選では、石見の他に立候補者がいなかったため、無投票再選。2011年の姫路市長選では、新人3候補を大差で破り、3選を果たした。同年6月7日世界文化遺産地域連携会議副会長に就任[1]

姫路市長として[編集]

姫路市長就任後、長年の懸案であったJR姫路駅の高架化事業の実現に尽力。また国宝姫路城の保存事業「平成の修理」に取り組む。姫路市の政令指定都市への移行を主張し、当初は姫路市周辺の市町村の合併による政令指定都市への移行を目指していたが、合併協議が事実上頓挫したため、法で定められた「人口50万人以上」の直接適用による移行を目指している。

不祥事[編集]

  • 2009年ゴルフ場への送迎等、公務に関係のない私用に計26回、公用車を使用していた事実が発覚した。石見市長は「公用車は適正に使用している」と主張したが、情報公開請求により公用車の使用記録を入手した姫路市民が「市民の理解が得られない」としてガソリン代や公用車の運転手の時間外手当などの公金返還を求め、住民監査請求を行った[2]

著書[編集]

  • 『地域イメージとまちづくり』田中美子共著 技報堂出版 1992

脚注[編集]


先代:
堀川和洋
Flag of Himeji, Hyogo.svg 兵庫県姫路市長
2003年 -
次代:
(現職)