石核石器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石核石器(せっかくせっき)とは、原石(母岩)から剥片をはがし取ったあとにのこった石核と呼ばれる芯材からつくった石器打製石器としては打製石斧砥石などの各一部があるのみで、磨製石器としては、石棒石剣、石刀、青竜刀形石器、御物石器、装飾石器、石冠、岩偶、玉類など各種の祭祀具や調理加工に用いた石皿凹石(一部)、磨石(一部)などがある。

関連項目[編集]