石才駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石才駅
石才駅舎とホーム
石才駅舎とホーム
いしざい - Ishizai
近義の里 (0.8km)
(0.8km) 清児
所在地 大阪府貝塚市石才31-1
所属事業者 水間鉄道
所属路線 水間線
キロ程 2.0km(貝塚起点)
駅構造 地上駅
ホーム 単式 1面1線
乗降人員
-統計年度-
455人/日
-2010年[1]-
開業年月日 1925年大正14年)12月24日
備考 無人駅

石才駅(いしざいえき)は、大阪府貝塚市石才にある水間鉄道水間線

地元の人は「石才」を「いっさい」と読むことが多く、この駅も「いっさいえき」と呼ばれることが多い。自動車教習所「関西自動車学院」の最寄り駅であり、教習所利用者など乗降客は水間線の中でも比較的多い駅である。

駅構造[編集]

単式1面1線のホームを持つ地平駅である。駅員無配置駅。駅員が配置されていた当時の駅舎が、そのまま残っている。 (石才と名越の2駅が有人駅だったが名越の駅舎は無人化後に取り壊された)

駅にはスロープを通って直接ホームに入る。

なお、2009年6月1日のPiTaPa対応・全車ワンマン化に伴い、当駅には、平日朝ラッシュ時間帯(祝日を除く月~金の6:30~9:00)に限り運用されるICカード専用乗車リーダー・タッチパネル付降車用運賃箱が設置されている。それ以外の時間帯は他の無人駅同様、精算には車内の機器を使用する。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

水間鉄道
水間線
近義の里駅 - 石才駅 - 清児駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]