石崎融思

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花鳥図 絹本着色

石崎 融思(いしざき ゆうし、明和5年(1768年) - 弘化3年2月28日1846年3月25日))は江戸時代後期の長崎派画家。唐絵目利として漢画・洋風画を折衷させた写実的洋風画を確立。

幼名慶太郎、は士斎。鳳嶺・放齢とす。居号に鶴鳴堂・薛蘿館・梅竹園などがある。長崎の人。

略伝[編集]

幼くして唐絵目利荒木元融の養子となる。この父から漢画・洋風画を学び、ガラスの絵付け法も習得。父元融の師である石崎元徳からも洋風画を学ぶ。

石崎家では初代元徳が明和7年(1770年)に没し、安永7年(1778年)には二代元章が世継ぎのないまま48歳で没する。元融の実子元甫を養子としたが、この三代元甫までもが夭折してしまう。元融の意向で融思は石崎家の養子となり、21歳にして石崎家四代の家督を継いだ。一方、荒木家は養子の荒木如元が継ぐがなんらかの理由で家を離れる。

融思は長崎漢画南蘋派の画法に、オランダから伝わった遠近法陰影法をうまく取り入れ、独自の写実的画風を生み出すことに成功。画才に長け長崎画壇の中心的な存在となった。文化文政期には門人が270余名になったという。木下逸雲鉄翁祖門三浦梧門らも入門している。

漢詩吉村迂斎篆刻清水伯民に学ぶ。寛政11年(1799年)から一年間にわたり大坂伊勢などを遊歴。木村蒹葭堂本居宣長と交友する。

14歳で唐絵目利見習いとなり、20代で唐絵目利本役に昇進。32歳のときに唐方俗式絵図認掛に任ぜられ「清俗紀聞」を制作。55歳のときオランダ船に船載されてきた象を写生し、『全象活眼』を刊行。天保3年(1832年)、64歳のとき松森神社の職人尽絵を彩色し修繕に尽くした。翌年に52年間勤めた職を致仕するが、その功労が認められ死没する79歳まで毎年銀300目が送られた。融思の人生は順風満帆に見えるが、29歳のとき若妻を失い37歳のとき子の融済が夭折。55歳のとき愛娘エイを亡くしている。

弘化3年(1846年)没。孫の融吉が後継となった。

隠居後も名勝図などを盛んに画いており、川原慶賀の「慶賀写真草」(天保7年・1836年)に序を寄せていることから、町絵師との交流があったことがわかる。交友のあった田能村竹田は『竹田荘師友画録』で「西洋画を善くする」と融思を記している。

作品[編集]

  • 「真象写照之図」文化10年(1813年)
  • 「ブロンホフ家族図」 文化14年(1817年)
  • 「長崎港図」文政3年(1820年) 神戸市立博物館
  • 「蘭船図」文政5年(1822年)
  • 「デ・フィレニューフェ夫妻図」天保元年(1830年)長崎歴史文化博物館
  • 「唐蘭両舟入貢図」
  • 春徳寺真景図」
  • 「長崎古今集覧附録名勝図絵」稿本
  • 「長崎名勝図絵」
  • 「崎陽十二景」折本

出版物[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]