石島渉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石島 渉
人物情報
生誕 1906年
日本の旗 日本
死没 1980年7月19日、84歳没
出身校 水産講習所
学問
研究分野 古生物学
研究機関 立教大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

石島 渉(いしじま わたる、1906年 - 1980年7月19日)は日本地質学者、古生物学者である。石灰藻の研究者。

1927年水産講習所(現在の東京海洋大学)を卒業。1927年 - 1931年東北帝国大学理学部地質古生物学科に所属する。1942年 - 1945年台北帝国大学地質学科、1945年立教大学助教授、教授。1975年定年、名誉教授。1954年「Cenozoic coralline algae from the western pacific(西部太平洋地域の新生代珊瑚藻)」[1]東北大学理学博士

総計で139タクサの化石石灰藻類の記載を行っており (Iryu, 2004)、この中には少なくとも114種のサンゴモ目(Corallinales)の種が含まれ、45報以上の石灰藻の分類に関する論文を発表している。

著書[編集]

  • 『藻類化石の研究』第1-2 日本礦物趣味の会 1950-1951
  • 『地図の知識 その理解と利用法』清水靖夫共著 有朋堂 1959
  • 『天文気象図鑑 地球』ポプラ社 1963

参考文献[編集]

  • 石島渉.1954. 西太平洋の新生石灰藻、個人出版, 有朋堂,東京 87 pp.
  • Iryu I. 2004. Calcareous algae. pp. 3–30. In IKEYA, N., HIRANO, H. and OGASAWARA, K. (eds.). The database of Japanese fossil type specimens described during the 20th Century (Part 4). Palaeontological Society of Japan, special papers 42, 1–72.
  • Iryu, Y., Bassi, D., Woelkerling, W., 2009. Re-assessment of the type collections of fourteen corallinalean species (Corallinales, Rhodophyta) described by W. Ishijima (1942–1960). Palaeontology, v. 52, p. 401–427. doi: 10.1111/j.1475-4983.2009.00850.

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

参考[編集]

  • 『人物物故大年表』