石岡南台駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石岡南台駅
石岡南台駅(2006年5月撮影)
石岡南台駅(2006年5月撮影)
いしおかみなみだい - Ishioka-Minamidai
石岡 (1.5km)
(1.0km) 東田中
所在地 茨城県石岡市南台2丁目1番103
北緯36度11分2秒
東経140度17分32秒
所属事業者 鹿島鉄道
所属路線 鹿島鉄道線
キロ程 1.5km(石岡起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1989年(平成元年)6月15日
廃止年月日 2007年(平成19年)4月1日
備考 無人駅
廃止後のホーム(2009年7月撮影)
バス専用道路開通後の旧石岡南台駅(2010年9月撮影)
石岡南台駅付近空中写真(1974年撮影 国土画像情報オルソ化空中写真(国土交通省)より) ニュータウン造成はまだなされておらず、石岡南台駅もつくられていない

石岡南台駅(いしおかみなみだいえき)は、かつて茨城県石岡市南台2丁目1番103にあった鹿島鉄道鹿島鉄道線である。2007年(平成19年)4月1日、鹿島鉄道線の廃線にともない廃止された後、関鉄グリーンバスかしてつバス石岡南台駅停留所として2010年に再開設。

駅構造[編集]

住宅都市整備公団(当時)による南台ニュータウンの開発に併せて開設された。相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、無人駅だった。

線路はほぼ東西に走り、出口は南側にあった。北側の線路が直線となる一線スルーの構造で、北側の線路に鉾田方面、南側の線路に石岡方面の列車が発着していた。また、ホームの長さは45メートル(2両分の有効長)であり、鹿島鉄道の駅では最もホームの長さが短かった。

南側のホームに面して開放的な待合所が設置されており、この脇から北側のホームへの跨線橋が出ていた。跨線橋は螺旋階段で待合所の上部に至り、そこから線路を渡っていた。

その他、南側のホームの螺旋階段の下と、北側のホームの東田中方に、それぞれ一棟ずつ小さな待合所が設置されていた。

歴史[編集]

鹿島鉄道で最も新しい駅であった。

現況[編集]

2009年7月頃には石岡駅から隣駅の東田中駅へ至る中途まで、線路は道床を残して大部分が撤去されており、当駅構内も同様にレール枕木は残っていない。 また、駅名標時刻表自動販売機等の設備は撤去され、跨線橋は封鎖されているが、駅舎や南台2丁目自治会が創立10周年記念で贈った時計はそのまま残されている。 2010年8月30日、かしてつバス専用道開通に伴い、同位置にバス停留所が開業した。

駅周辺[編集]

駅南方には、南台ニュータウンが広がる。隣の東田中駅付近が南台の東端に当たる。

  • 公衆トイレ
  • 県営住宅前バス停留所 - 石岡市巡回バス高浜・八木ルート
  • 石岡南台郵便局
  • チーズケーキ工房ミトン
  • 石岡台地農業水利事務所
  • 石岡市立南小学校
  • 国道355号
  • 山王台病院
  • 介護老人保健施設あいあい
  • 石岡市立石岡中学校

隣の駅[編集]

鹿島鉄道
鹿島鉄道線
石岡駅 - 石岡南台駅 - 東田中駅

関連項目[編集]