石塚友二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石塚 友二(いしづか ともじ、1906年9月20日1986年2月8日)は、俳人小説家編集者。本名は友次。新潟県北蒲原郡笹岡村生まれ。笹岡尋常高等小学校卒業。農業学校を出て家業の農業に従事したのちに上京。水原秋桜子の「馬酔木」に投句する。1937年石田波郷を主宰として創刊された「」に参加し、自らの出版社・沙羅書店から、一時は発行した。また横光利一に師事し、1942年、自身の結婚の経緯を美しい文章で描いた名編「松風」(『文學界』1942年2月号)で、1943年池谷信三郎賞受賞。1969年の波郷没後、継承して「鶴」主宰。小説家としては「松風」で第15回芥川龍之介賞候補にノミネートされるなどしたが、あまり見るべきものがなかった。

著書[編集]

参考文献[編集]

  • 『石塚友二伝』清田昌弘、沖積舎 

外部リンク[編集]