石原忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石原 忍
生誕 1879年9月25日
東京都
死没 1963年1月3日(満83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍軍医少将
テンプレートを表示

石原 忍(いしはら しのぶ、1879年9月25日 - 1963年1月3日)は、日本の医学者眼科医、陸軍軍人(最終階級は軍医少将)。東京帝国大学教授。東京都生まれ。

来歴・人物[編集]

府立四中一高東京帝国大学医科大学卒業。陸軍軍医に任官し、陸軍軍医学校教官等を経て1937年3月に東京帝国大学医学部長、東京逓信病院長。1943年4月前橋医学専門学校初代校長。

1934年石原式国際色盲検査表を発表。他にも色々な測定表を創案する。また、近視の研究に於いても功績を残す。1940年朝日文化賞[1]、学士院賞のほか、1961年文化功労者

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月3日閲覧。

関連項目[編集]