石原忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石原 忍
Ishihara Shinobu.JPG
1956年
生誕 1879年9月25日
東京府
死没 1963年1月3日(満83歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
最終階級 陸軍軍医少将
テンプレートを表示

石原 忍(いしはら しのぶ、1879年9月25日 - 1963年1月3日)は、日本の医学者眼科医、陸軍軍人(最終階級は軍医少将)。東京帝国大学教授。東京府生まれ。石原式色覚異常検査表視力検査表の考案者。視力、色覚、屈折異常など、機能検査表の研究をはじめ、先天性全色盲の発見、この分野の先駆者となった。最初の色神検査表は1929年の第13回国際眼科学会で国際的に認定された。

来歴・人物[編集]

府立四中一高東京帝国大学医科大学卒業。(陸軍委託学生)陸軍軍医に任官し、陸軍軍医学校教官、ドイツ駐在(1913年 - 1914年、イエナ大学フライブルク大学ミュンヘン大学にて研修)。1922年東京大学眼科主任教授(以前の東京衛戍病院長、軍医学校教員兼任)。1926年軍医監 予備役となり教授専任。1937年3月に東京帝国大学医学部長、東京逓信病院長。1943年4月前橋医学専門学校初代校長。前橋医学専門学校は前の軍歴のため教職追放となった。後、静岡県賀茂郡下河津村にて眼科を開業した。

1934年、石原式国際色盲検査表を発表した。他にも色々な測定表を創案する。また、近視の研究に於いてプロワチェック小体がトラコーマの病原であることを発見、予防のためにプロジェクト研究方式を打ち出した。[1]1940年朝日文化賞[2]、学士院賞のほか、1961年文化功労者

著書[編集]

  • 『石原式日本色盲検査表』1918年
  • 『学校色盲検査表』1921年
  • 『トラホーム 図説』1923年
  • 『小眼科学 上巻、中巻、下巻』1925年(上巻)、1926年(中・下巻)
  • 『眼底図譜』1942年
  • 編著『近世眼科処方集』1924年
  • 随筆『学窓余談』1940年
  • 自伝『回顧80年』東京医事新誌 1959年

家族[編集]

  • 父:石原氏基(陸軍砲兵大佐)
  • 弟:石原亮(東京女子医大教授 耳鼻咽喉科)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 泉[2012:51]
  2. ^ 朝日賞:過去の受賞者”. 朝日新聞. 2009年11月3日閲覧。

関連項目[編集]