知手駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
知手駅
知手駅付近。側線は撤去されている(2010年6月)
知手駅付近。側線は撤去されている(2010年6月)
しって - SHITTE
神栖 (6.3km)
(2.8km) 奥野谷浜
所在地 茨城県神栖市東和田
所属事業者 鹿島臨海鉄道
所属路線 鹿島臨港線
キロ程 16.4km(鹿島サッカースタジアム起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1970年(昭和45年)7月21日
備考 貨物専用駅

知手駅(しってえき)は、茨城県神栖市東和田にある鹿島臨海鉄道鹿島臨港線貨物駅である。

駅概要[編集]

地上駅で、臨時の車扱貨物の取扱駅であるが、神栖駅と奥野谷浜駅を結ぶ貨物列車運転停車を行うのみとなっている[1]

かつては、駅周辺に工場がある旭硝子鹿島ケミカル、旭電化工業(現・ADEKA)、クラレ、鐘淵化学工業(現・カネカ)の専用線がそれぞれ駅から分岐していた[2]が、これらはすべて廃止されている。このうち旭硝子専用線が最後まで使用され、液化塩素の発送があった。

かつての旅客営業運行では、鹿島港南駅が閉塞の境となっていなかったことから、車庫のある神栖駅からここまで旅客車両を出庫回送した上で折り返していた。

駅周辺[編集]

  • ADEKA鹿島工場
  • 関東珪曹硝子鹿島工場
  • 鹿島ケミカル
  • 鹿島南共同発電所
  • カネカ鹿島工場
  • 旭硝子鹿島工場

歴史[編集]

隣の駅[編集]

鹿島臨海鉄道
鹿島臨港線
神栖駅 - 知手駅 - 奥野谷浜駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 郷田恒雄 「全国の現役機関車をめぐって 民営鉄道の電気機関車・ディーゼル機関車はいま... -その17-」『鉄道ファン』572号、交友社、2008年10月
  2. ^ 「昭和58年版専用線一覧表」『トワイライトゾーンMANUAL 6』 ネコ・パブリッシング、2005年
  3. ^ a b c 『鹿島臨海鉄道株式会社30年史』 鹿島臨海鉄道、2003年

関連項目[編集]