知多半島道路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
自動車専用道路
有料

知多半島道路

知多半島道路
知多中央道路
総距離 20.9 km
開通年 1970年7月15日
起点 大高IC愛知県名古屋市緑区大高町)
終点 半田IC愛知県半田市彦州町)
接続する
主な道路
記法
名古屋高速道路3号大高線
伊勢湾岸自動車道
知多横断道路
南知多道路
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

知多半島道路(ちたはんとうどうろ)は、愛知県名古屋市緑区から同県半田市に至る自動車専用道路愛知県道路公社が管理する一般有料道路である。 1970年昭和45年)7月15日日本道路公団により供用開始。1983年(昭和58年)6月1日愛知県道路公社に事業譲渡された。

開業当初は全線2車線(片側1車線)であったが、用地は4車線分確保されていた。日本道路公団時代は、わずかに大府IC阿久比IC間の一部が、登坂車線を兼ねる形で片側2車線になっていただけで、海水浴シーズンの夏季は大渋滞することで知られていた。愛知県道路公社に事業譲渡されてから、全線4車線に拡幅され、渋滞は大幅に改善された。現在は高速道路並みの規格を誇る。セントレアライン・南知多道路とともに、全区間ETC利用可能。

かつては半田IC付近に本線料金所があり南知多道路と区分されていたが、現在は廃止され一つの道路として運用されている。

地域高規格道路知多中央道路愛知県道55号名古屋半田線の一部で、通称「知多中央道」の名称で呼ばれることもある。

歴史[編集]

インターチェンジなど[編集]

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、完成していないことを示す。
  • 未開通区間のJCT/IC名は仮称。
IC番号 施設名 接続路線名 起点から
km
備考 所在地
- 大高IC 名四国道国道23号)・名古屋高速道路3号大高線 0.0 名古屋市
- 大府西IC 環状2号名古屋環状2号線国道302号)・伊勢湾岸自動車道大府IC 2.6 半田方面のみ 大府市
- 大高TB
- 大府PA 名古屋方面のみ
- 大府東海IC 国道155号 7.2
- 東浦知多IC 愛知県道23号東浦名古屋線 10.3 知多郡東浦町
- 阿久比IC 愛知県道46号西尾知多線 14.0 知多郡阿久比町
- 阿久比PA 半田方面のみ
- 半田中央IC/JCT 知多横断道路愛知県道265号碧南半田常滑線 19.0 半田市
- 半田IC 南知多道路愛知県道34号半田常滑線 20.9
南知多道路 豊丘方面
  • 知多半島道路にPAは阿久比PA(半田方面のみ)と大府PA(大高方面のみ)の2ヶ所存在する。いずれも有人。

通過する自治体[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]