睿智蕭皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

睿智蕭皇后(えいちしょうこうごう、953年 - 1009年)は、景宗皇后は綽。小字は燕燕。

経歴[編集]

遼の北府宰相蕭思温の娘として生まれた。幼くして聡明で、蕭思温は「この娘は必ず家を成すことができよう」と評した。景宗が即位すると、選抜されて貴妃となった。間もなく皇后に立てられ、聖宗を生んだ。

乾亨4年(982年)、景宗が崩御すると皇太后に立てられ、摂政にあたった。耶律斜軫韓徳譲を信任して内政を委ね、南方の軍事は耶律休哥に任せた。統和元年(983年)、承天皇太后の尊号を受けた。統和22年(1004年)、北宋に対する南征の軍を起こすと、戎車に乗って、三軍を指揮した。統和24年(1006年)、睿徳神略応運啓化承天皇太后と尊号を加えられた。統和27年(1009年)、崩御し、聖神宣献皇后とされた。重熙21年(1052年)、睿智皇后と改諡された。

伝記資料[編集]

  • 遼史』巻71 列伝第1