真鍋武紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真鍋 武紀(まなべ たけき、1940年4月3日 - )は、日本政治家、第43代香川県知事

来歴[編集]

香川県木田郡下高岡村(現三木町)出身。香川県立高松高等学校東京大学法学部卒業農林省に入省、環境庁水質保全局長、農林水産審議官、国際協力事業団副総裁を経て、1998年香川県知事選に当選、3期務める。

県知事としては、大的場健康体育センター、津田病院、栗林公園動物園の閉鎖や公共事業の縮小、県職員の人件費カットなどによる行財政改革に取り組んだ。 また、2000年6月には、豊島の産業廃棄物不法投棄問題で、県と住民の公害調停が成立し、県知事として謝罪した。

2009年12月15日の会見で次期知事選への不出馬を表明し、翌2010年9月4日に任期満了に伴い退任した。

関連項目[編集]