真理の整合説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

真理の整合説(しんりのせいごうせつ、英:Coherence Theory of Truth)とは、真理とは何か、という問題に対する哲学上の立場のひとつ。ある命題が真であるかどうかは、その命題と他の命題群との整合性によって決まるとする立場。

真理に関する別の立場、真理の対応説が、命題の真偽をその命題と世界との対応関係を中心において考えるのに対し、整合説では命題と世界との対応関係ではなく、命題と命題群の関係に注目する。これは世界が実際にどのようになっているか分からない、といった問題意識を背景に持つ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]