真宗大谷派竹鼻別院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真宗大谷派竹鼻別院
Takehana-Betsuin01.JPG
境内
所在地 岐阜県羽島市竹鼻町2808
位置 北緯35度19分27.34秒
東経136度42分2秒
宗旨 浄土真宗
宗派 真宗大谷派
寺格 別院
本尊 阿弥陀如来
創建年 伝・嘉禎元年(1235年)
開基 伝・河野九門徒
中興年 文明2年(1470年)
中興 蓮如
文化財 竹ヶ鼻大谷別院薩摩工事義歿者墓(県指定史跡)[1]・竹鼻別院のフジ(岐阜県指定天然記念物)[2]
テンプレートを表示

真宗大谷派竹鼻別院(しんしゅうおおたにはたけはなべついん)は、岐阜県羽島市にある真宗大谷派寺院である。同派の別院

沿革[編集]

嘉禎元年(1235年)、親鸞東国より帰京する際に三河国に立ち寄り、住民に説法していることを聞いた尾張国葉栗郡門間庄[注釈 1]の住人9名(後の河野九門徒)が帰依し、尾張国葉栗郡木瀬[注釈 2]に草庵を建立したのが始まりとされる。

文明2年(1470年)、蓮如がこの地を訪れた際、この草庵を再興。新加納[注釈 3]に移転し「河野御坊」と名づける。当時、この地域[注釈 4]では、浄土真宗に改宗した寺院が多く、蓮如の足跡が多く残されている。

慶長9年(1604年)、教如により新加納から美濃国羽栗郡竹ヶ鼻村に移転し、時期は不明だが「専福寺」に改称している。尚、河野御坊の一部は中屋(現各務原市)に移転し、河野西入坊となっている。

宝暦10年(1760年)、現在地に移転する。

文政5年(1822年)、本堂を再建する。

明治19年(1886年)、竹鼻別院と改称する。

明治24年(1891年)10月28日、濃尾地震で罹災し、堂宇が倒壊する。仮本堂を建立する。

大正11年(1922年)、再建される。

竹鼻別院の藤[編集]

竹鼻の藤
  • 竹鼻別院の境内にあるは、推定樹齢250年[注釈 5]。枝張りは東西約30m、南北約15mの大木である。単独の1本の藤としては日本有数の大きさであり、岐阜県指定天然記念物である[2]
  • 毎年4月下旬~5月上旬には、「みの竹鼻まつり・ふじまつり」が開催され、竹鼻別院はその会場の一部となる。

河野九門徒[編集]

河野九門徒とは、尾張国葉栗郡にある、親鸞・蓮如にゆかりのある9つの寺院の総称である。河野は河野郷(河沼郷)のことという。

上記沿革のとおり、嘉禎元年(1235年)、親鸞が東国より帰京する際に三河国に立ち寄り、その説法を聞いた門間庄[注釈 1]の住人9名が帰依し、草庵を建立する。文明2年(1470年)に、蓮如が草庵を再興し、かつて親鸞の説法を聞いて帰依した9人の門徒の子孫の寺院を「河野九門徒」と名づけたと伝えられる。

河野九門徒は、美濃国・尾張国の浄土真宗の中心となったという。現在もこの地域の寺院は、「河野」の字を冠する寺院名が多い。

  • 善龍寺 (現・河野善龍寺 愛知県一宮市
  • 栄泉寺 (現・河野栄泉寺 愛知県一宮市)
  • 妙性坊 (現・河野妙性坊 愛知県一宮市)
  • 西徳寺 (現・河野円城寺 岐阜県羽島郡笠松町)
  • 稱名寺
  • 専福寺 (現・竹鼻別院 岐阜県羽島市)
  • 西入坊 (現・河野西入坊 岐阜県各務原市)
  • 安楽寺 (現・河野安楽寺 岐阜県各務原市)
  • 専光寺 (現・河野専光寺 岐阜県羽島郡岐南町

所在地[編集]

  • 岐阜県羽島市竹鼻町2808

交通アクセス[編集]

鉄道
名古屋鉄道竹鼻線 羽島市役所前駅下車、徒歩5分。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 尾張国葉栗郡門間庄…現在の岐阜県羽島郡笠松町
  2. ^ 尾張国葉栗郡木瀬…現在の岐阜県羽島郡岐南町
  3. ^ 新加納…現在の各務原市
  4. ^ この地域…現在の岐阜県羽島郡、各務原市付近。
  5. ^ 推定樹齢250年…300年以上とも。

出典[編集]

  1. ^ 竹ヶ鼻大谷別院薩摩工事義歿者墓”. 岐阜県. 2013年5月9日閲覧。
  2. ^ a b 竹鼻別院のフジ”. 岐阜県. 2013年5月9日閲覧。

関連項目[編集]