相良宗介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

相良宗介(さがら そうすけ)は、賀東招二の小説『フルメタル・パニック!』に登場する架空の人物であり、同作品の主人公である。声優は、アニメでは関智一、CDドラマでは森久保祥太郎が担当した。

人物[編集]

プロフィール
ミスリル作戦部西太平洋戦隊“トゥアハー・デ・ダナン”陸戦ユニットSRT(特別対応班)所属。階級は軍曹コールサイン"ウルズ7"。認識番号はB-3128。
幼い頃からゲリラ傭兵として世界各地の戦場を廻ってきた凄腕の兵士。兵士としての才能や特殊な力は無いものの、長年の経験から兵士としての技能やマインドセットは非常に高く、若いながらミスリルのSRT(特別対応班)に選抜されるほどである。専門分野は偵察作戦とサボタージュASの操縦。この内、ASの操縦にかけては自ら「専門家(スペシャリスト)」を名乗り、それに違わぬ実力を持っている。
幼少期から戦場で生き抜いてきたため、人を殺した数は軽く3桁を超え息をするように人を殺せる。命乞いする捕虜を射殺した経験や、背中を見せ泣いて逃げる敵兵を殺した経験もなどあり、作中で目的のために非人道的行動を取る事もある。
ガウルンからは、少年時代の名前である「カシム」と呼ばれている。ミスリルの傭兵スカウト訓練キャンプにおいて、宗介と初めて出会った際に、マオは「ソウスキー・セガール」と誤って読んでいた。また、ミスリルに入る前まで(傭兵時代)の知り合いも「セガール」と呼ぶ。彼自身、短編「約束のヴァーチャル」においてMMORPGの自キャラの名を「Seagal(セガール)」としており、呼び名にはさほど頓着しないようである。
年齢、人種、両親、本名など不明な点が多い(後述)。
性格・言動
無表情で無愛想、基本的に口数はあまり多く無く、どちらかというと内向的な性格だが、仲間想いで信頼できる戦友が多い。陣代高校に通っていた時期もそれなりに友人がいた。
基本的には善良であり優しい性格とされているが、「どんな手段を使ってでも殺す、銃が無ければナイフで殺す、ナイフが無ければ素手で殺す、両手が切り落とされれば喉笛を噛み千切る、死んだとしても尖った骨となり敵が踏むのを待つ様な男」と敵に称されている。
同僚のクルツやマオ曰く「ネクラ・朴念仁・唐変木」。野性的な本能に忠実で、直感によって行動する。従って、彼の行動はむしろ野生動物(特にイヌ科)のそれに近いところがある(故に、後述する犬ソースケが誕生した)。常時臨戦態勢で生活し、東京にあってもそれは変わらず、基本的に寝る時はナイフを握り目を開けたままベッドの下で寝る。また、2時間ごとに目を覚ます。
ささいな日常の出来事に対して、物騒な発言や行動などが目立つ。これは、カリーニンに言わせると「幼いころの彼は限りなく善に近い存在として生まれてきたように見える」とのことである(その様子についてはサイドアームズ2「極北からの声」にて語られている)。また「彼は争いや戦いを恐れている節があった」とも語っており、作者も日本で普通に育っていたら善良な人間(ちょっと善良なオタクと発言した事もある)になっていただろうと語っている。
短編で宗介が暴走を繰り返すことが多かったのは、かなめを監視しているレイスが狙撃銃の照準を合わせる「遊び」をした際に、その殺気に敏感に反応していたからである。
偶然とは考えられないほどウィスパードと関わる機会が多い。ただしナミは、彼を「どこまでも普通の人」と語っている。
忍耐強い性格をしており感情の露出も少ないため、かなめの激しいツッコミや理不尽な振る舞いにも怒る事はほとんど無いが、内心鬱憤が溜まり余裕をなくしていた際には、多少八つ当たり同然でかなめに向かい一気に不満をぶつける事があった。
語学・文化
幼年期はソ連の暗殺者養成機関「ナージャ」で、その後少年期の大半をアフガニスタンという多民族地帯で過ごし、さらに世界各地の戦場を転戦したため、話せる言語は確認できたうちでも日本語英語ロシア語アフガン方言でのペルシャ語ウルドゥー語と幅広い(しかし読み書きは全く出来ない)。簡単な会話程度ならスペイン語も扱える。逆に日本文化との接点に欠けるため古文・日本史が苦手で、日本語自体も相手の質問に「肯定だ(アファーマティブ)」と答えるなど、軍用語の直訳を多用し、若干肩肘を張った感がある。ただしこれは、彼に日本語を教えた若き日のカリーニンの影響によるところが大きい。
宗教
上記の通り、アフガニスタンで育ったこともあって、彼はイスラム教徒である。しかし、断食月のことを気にしてはいるが、豚肉を何の抵抗も無く食べるなど、ほとんど戒律は守っていない(ただしイスラム教では、他教徒の支配地ではタブーにはならず、それ以前に戒律に対する態度そのものが本人次第という一面もある)。なお、本人曰く「コーランの暗誦は出来る」らしい。そもそも彼の場合は宗教に関する意識自体が希薄であり、クリスマスも「敵兵の警戒が弱まってくる境目の時期」という認識でしかない。ちなみにこれは、アフガニスタン時代にソ連兵と戦っていた経験から。
容姿
左頬に十字の傷跡があるが、これがいつ付いたものであるかは不明。ただし、原作においてはアフガニスタン時代のイラストでは傷が付いていない(アニメ版『フルメタル・パニック! The Second Raid』では、ガウルンの回想で初めて宗介と出会った時には既に十字傷が付いていた)。
髪は普段、自分でナイフを使って適当に切っているためボサボサ。かなめに薦められて床屋を初体験した際は「他人に刃物を突き付けられる」状況が耐え難いらしく、理容師を本能的に組み伏せてしまった。
軍人らしく身体は引き締まっており、手足が長く、無駄のないしなやかな筋肉がついており、黙っていれば女性からも、それなりに「格好良い」と思われる顔立ちをしている。幼少期にはその容姿が原因で男達から性欲の対象になっており、何度か寝込みを襲われている。服装は基本的に野戦服である。
コネクション・副業
武器商人との個人的なコネクションを持っており、武器弾薬や怪しげなアイテム(使途不明の電子回路など)を購入している。また、短編では量産型ボン太くんの開発を共同で行い、警察など各種団体に売り込むといった副業も手がけている。主な取引相手は「ブリリアント・セーフテック社」など。
使用兵器、装備
ありとあらゆる武器に精通しており、どのような武器でも兵器でも使いこなすことができるが、信頼性の高い武器や兵器を好み、逆にラムダ・ドライバのような必要な時に確実に動作しない兵器は毛嫌いしている。また通学時はグロック19を携行しているが、ほぼ短編でしか発砲していない。長編では主にアサルトライフルサブマシンガンを使用している。
AS搭乗時の主武装は機種を問わず、多種多様な弾頭をセレクトできるOTOメララ社の「ボクサー」57mm散弾砲および76㎜散弾砲。
陣代高校でのプロフィール
護衛任務(実質的には囮任務)で陣代高校に通っていた頃は「安全保障問題担当・生徒会長補佐官」、同2年4組では「ゴミ係」(アニメではゴミ係兼傘係)を任されていた。傭兵やゲリラとしての経験が長いため、平和な社会での常識は皆無で、常に拳銃を所持しており、その他にも手榴弾やプラスチック爆弾などを所持している時があり、常に戦場の常識に則り行動していた(ただし物語が進むにつれ常識が身につき暴走することも少なくなっていった)。かなめ曰く、「戦争ボケ男」。
理数系科目を得意としているが、日本文化に触れる機会が殆ど無かったことから古文が大の苦手で、俳句の内容を軍事的に解釈するなど、教師から見れば悪ふざけとしか思えないような珍回答をすることも。その生い立ち故に、これまで受けることができなかった一般的な中等教育を受ける良い機会として授業は真面目に取り組んでおり、苦手科目を克服するために、かなめのノートを借りることも多い。
犬ソースケ
なお、本作を扱った各種パロディ作品では、よくに例えられる(一巻でかなめが宗介を「野良犬」に喩えたため)。一例として作者である賀東招二と親交のある漫画家井上よしひさの漫画作品『おじいちゃんは少年探偵』に出て来る傭兵犬「ソース」のモデル。また、本作のイラストを担当する四季童子自身によるキャラクター「犬ソースケ」も存在する。

趣味・嗜好[編集]

趣味
趣味は、釣り読書(主にジェーン年鑑などのミリタリー関係の技術書と専門誌を愛読)。
ゲーム
戦場育ちではあるが、落ち物パズルゲーム(テトリスコラムス等)に関しては、部隊内でもトップクラスの腕と自称する(アニメ版「女神の来日(温泉編)」において、クルツ達が覗きの相談をしている横で黙々と落ち物ゲームをプレイする描写がある。いつテレビゲームの操作を覚えたのかは謎)。インターネットゲーム「ドラゴン・オンライン」を落ち物パズルゲームと勘違いしたこともある。他、球技大会の際、UNOとカード麻雀のルールを完璧にマスターしている。
スポーツ
スポーツのルールに関する知識はないようで、球技大会ではソフトボールの試合で地雷を使用しようとしたり、ラグビーでは「キック(パント)」の解釈を勘違いして相手の顔面に蹴りを入れたことがある。ただし戦地などでは、ASをゴール代わりにして、バスケをしていたらしい。空手でも拳銃を発砲、催涙ガスを使用、金的攻撃を行っており、かなめから注意されてもルールが理解できなかった。
身体能力は押し並べて高水準。短距離走(瞬発力等)などでは彼に勝れる生徒が校内に何人かいるとされているが、こと持久力において彼に追随出来る生徒はおらず、長距離走では独擅場になる。
好物
コッペパン干し肉カロリーメイトのフルーツ味、かなめ作のカレーが好物らしいが、それ以外の食べ物を良く理解していない節がある。しかし、カリーニンのボルシチ(ココアと味噌を隠し味に加えている)には閉口した模様。また、かなめに夕飯を作ってもらうはずが、それが破談になった時は最後まで未練を見せていた。なお、陣代高校での昼食はトマトと干し肉で済ませることが多い(メリダ島の食堂でもこれを食しているシーンがある)。
かなめ曰く、最近舌が肥えてきている、とあるが長編『燃えるワン・マン・フォース』で負った重傷のために肝臓の一部を損傷しており、そのためにかなりの食事制限が付き今までのような飲食ができない身体になってしまっている。
アルコール
酒は「アルコールは脳細胞を破壊する」という考えを持っている事と、彼が飲酒を禁じているイスラム教徒であるために嫌っている。作中では長編『終わるデイ・バイ・デイ』と短編『ミイラとりのドランカー』で飲酒しているシーンがある。なお前述の通り、長編『燃えるワン・マン・フォース』で負った肝臓の一部を損傷しているため以降二度とアルコールを摂取することはできないが、『終わるデイ・バイ・デイ』の時点で「こんな不味い物は二度と飲まない」と決めていることから、彼個人としては全く意に介していない。
その他
愛着を持ったものと同じ名前(或いは似た意味の名前)のものにゲンを担ぐところがあり、ネットゲームでは一貫して「大石弓(アーバレスト)」を持っていく事を執着。『燃えるワン・マン・フォース』では「クロスボウ(石弓)」というチーム名を褒め、搭乗したサベージを「アル二世」と名づけて既に破壊された愛機アーバレストと同じ色にペイントした。

生い立ち[編集]

幼少期、母親(発見された際、もう1人すでに死亡していた男性がいたが、それが父親であるかどうかは実は明確にされていない)と共に旅客機の墜落事故に遭い、宗介1人が生存者として当時カリーニンが所属していたソ連海軍潜水艦に救助される。事故の詳細を唯一握っていたソ連が沈黙を守ったため、この事故は公式には生存者無しと発表されている(従って、宗介の戸籍は存在しない)。また、「相良宗介」という名前は、その際に身につけていた服のタグに書かれていた「さがらそうすけ」にカリーニンが当てたもの。ただし、この読み仮名もカリーニンが飛行機の乗客名簿を調べたとき『さがら』という苗字がなかったことから、彼の本名かどうかは不明。この時の宗介は近所に住む猫の話や、母親が作ってくれた料理の事を語る普通の少年で、女の子の様にぬいぐるみを抱いていた。

その後、ソ連の特殊機関"ナージャ"に暗殺者として育てられ、“バダフシャンの虎”と呼ばれたゲリラ、マジードを暗殺するためにアフガニスタン(アニメ版では架空の国ヘルマジスタン)に送り込まれる。しかし暗殺に失敗し、殺されそうになった所を彼を不憫に思ったマジードに助けられカシムとしてゲリラの一員となる。なおゲリラに居た時、当時スペツナズの指揮官だったカリーニンに敗北を喫した事がある。

その後ソ連による総攻撃を受け、ゲリラ組織が壊滅し、地獄のアフガン脱出後は、再びカリーニンと行動を共にしていたが、戦場にてはぐれてしまい互いに行方が分からなくなり、傭兵として各地の戦場を転々とする生活をする。その後ベリーズにあるミスリル訓練キャンプから、ミスリルの西太平洋戦隊にスカウトされ、三度カリーニンと再会に至っている。

本編における行動[編集]

作品初期
『戦うボーイ・ミーツ・ガール』から『つづくオン・マイ・オウン』の間、千鳥かなめの護衛任務を受けて都立陣代高校に通うことになる(護衛任務自体は『戦うボーイ・ミーツ・ガール』で解かれている、それ以降は護衛という名目だが事実上敵の目を引き付けるための囮としてつかわれた)。しかし、その経歴ゆえに現代日本の常識が欠落しており、物騒な勘違いにより校内を混乱に巻き込むこともしばしばで、発砲・爆破騒ぎも一度や二度ではない(ただし長編では一度も校内で発砲したことはない)。なお通学中に愛用する拳銃は小型携帯性と装弾数の多いグロック19。
作中、戦いを通して自分とは別の強さを持つ千鳥かなめに惹かれていき、命令ではなく自分の意思で彼女を守りたいと思うようになる。また、アーバレストとAI・アルに対し、嫌悪感や不信感(原理の明らかでない兵器であるラムダ・ドライバや、高性能なワンオフ機であるアーバレストの兵器としての信頼性の無さ)を募らせていくが、『終わるデイ・バイ・デイ』にて、自身の心情の変化や、アルに“フラグが立った”ことにより、ラムダ・ドライバを意のままに扱う事ができるようになる。同時にアーバレストとアルに対しても信頼を示し、相棒と呼ぶ。
つづくオン・マイ・オウン~燃えるワン・マン・フォース
『つづくオン・マイ・オウン』にて、アマルガムの総攻撃によりミスリルが壊滅、自身も愛機となったアーバレストを破壊されるが、さらわれた千鳥かなめを取り戻すために1人でも戦い、必ず彼女を救い出すことをクラスメイトに誓う。ミスリル壊滅により組織的なバックアップを受けられなくなった後の『燃えるワン・マン・フォース』では単独でアマルガムを追い、東南アジアの都市“ナムサク”へと向かう。その後、成り行きでAS闘技場のチーム“クロスボウ”の専属搭乗者となり、この際にナミやレモンと出会う。その後アマルガムの尻尾を掴みかけるが、その際の目の前でナミが射殺され、自らも生死の境を彷徨う。
つどうメイク・マイ・デイ
DGSEのエージェントであったレモンと行動を共にし、ボロボロになった体でリハビリに励みながらもアマルガムを追い続ける。そして、レモンの助力もありついにレナードの潜伏先を発見、襲撃するが、米軍の特殊部隊(デルタ・フォースの強襲機兵チームのM9部隊)の登場や、ミスタ・AuのAS部隊によるレナード邸への攻撃、さらにはカリーニンがアマルガムに寝返ってレナードの下にいた事などもあり、かなめと直接再会することはできなかった。しかし、その戦闘中、アーバレストの後継機である新型AS、ARX-8 レーバテインに搭載されていたAI・アルと再会、さらにメリダ島を脱出したクルツやマオ、テッサ達とも再会・合流する。また、かなめとは無線で会話をし、オープン回線であるにも拘わらず、互いの気持ちを確認し合い、必ずかなめのもとに行くことを約束する。
せまるニック・オブ・タイム
ミスリルの仲間達と再会し、世界各地に散らばった元ミスリルの人間たちとの合流を進めていく。モスクワに潜入したレモンとレイスから得られた情報に基づき、極東のオムニ・スフィア実験施設“ヤムスク11”へと向かい、その道中でかつて救出したウィスパードであるクダン・ミラと再会する。ヤムスク11では部下と最深部へ向かっていたレナードと遭遇、施設内外で戦闘が繰り広げられるが、レナードからこの世界の仕組みとウィスパードが普通の生活に戻る方法が世界を改変するしかないことを聞かされ、レナードを殺すのを躊躇う、そしてレナードと別れた後ついにかなめとの再会を果たす。しかし、この時すでにかなめは「ささやく者」にその肉体を乗っ取られており、立ち去られてしまう(その時にかなめにテッサと共に射殺される幻を見せられる)。カリーニン達の追撃もあり、かなめの後を追う事が適わなかった。
ずっとスタンド・バイ・ミー
レナードとかなめ(ソフィア)の計画を阻止する為、メリダ島に配置されたAS部隊に対してフル装備のレーバテイン単身で突入する。全周波数帯通信でかなめ(ソフィア)やレナード、カリーニンを挑発した後、自らの技能を最大現まで発揮し、敵の迎撃部隊を突破していく。そしてレナードの駆るベリアルと三度対峙。不可視の矢を放つアイザイアン・ボーン・ボウに苦しめられるが、テッサから教えられた「ある言葉」[1]により心理的なダメージを与えた上で『妖精の羽』で『ラムダ・ドライバ』を無効化した状態で『デモリッション・ガン』を使用、不意を付いてダメージを与えることに成功する。その後、レーバテインをも囮に使っての白兵戦でベリアルを撃破。戦いの最中、作戦の失敗を悟ったカリーニンがかなめを連れ去ろうと画策するがこれを奪還し、核弾頭が迫る中でカリーニンとの決着をつけ、最期を看取った。しかし、それによってメリダ島からの脱出は不可能となり、着弾までの数分間、ミラに渡されたメモリーチップに記録されていた陣代高校のクラスメイトの動画メッセージを見て、「死にたくない、帰りたい」と願い、涙を流した。最終的に、己をと定義したアルが単独でのラムダ・ドライバ起動に成功し、核爆発から生き残る。その後、調査に訪れた米軍にレーバテインごと回収され、沖縄の在日米軍基地に監禁された。その後はカリフォルニアに移送される予定だったが、自力でアルを奪取し脱走。ちょうど救出に来たクルツたちにアルを託すと、卒業式が行われている陣代高校へ向かい、遂にかなめと再会。学校中が見守るなか、メキシコでのキスの約束を果たした。
フルメタル・パニック!アナザー
今の所、直接的な登場シーンは無いが、宗介の引き起こした数々の騒動が伝説になっているなど、宗介の影響を強く感じさせられる。
また明言はされて無いものの、小野寺孝太郎によって高校を卒業していないことが明かされた。その他、クルツとマオの娘であるクララが「セガール」への応援要請を提案する場面があるが、「セガール」の現在の暮らしを尊重したクルツの意向により却下された。
シンデレラ・パニック
本編とは関係ない短編『シンデレラ・パニック!』(短編集1巻に収録)では、シンデレラに登場する魔法使いに扮した。極秘の魔法使い協会「ミスリル」から恵まれない人々の多角的支援のため派遣されたとのこと。このエピソードで宗介は魔法のパンツァーファウストを用いてシンデレラ(千鳥かなめ)を舞踏会に参加させ、脱出支援を行った後、次の任務のため西へと旅立っている(なお、宗介は下士官の魔法使いなので、テレポートなどの高尚な魔法は使えないらしい)。買い物リストに手榴弾やアサルトライフルが書かれていたり、都市迷彩のローブを身にまとっている、偽造招待状無しに場内へ潜入しシンデレラの支援工作を行うなど、ファンタジーな世界観の中でも戦争ボケぶりを発揮し、異様な存在となっている。

メディアミックス作品での活躍[編集]

ゲームスーパーロボット大戦シリーズ
フルメタル・パニック!が参戦した、『スーパーロボット大戦J』や『スーパーロボット大戦W』でも原作同様に日本や主人公部隊の母艦内部でズレた感性を見せ、トラブルを起している。
『J』ではM9やアーバレストを宇宙戦が可能な状態に改造したウリバタケ・セイヤに感動していた。
また、『W』では彼の様に幼い頃から戦場に居続け、人間性を失った兵士だった、『新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』のヒイロ・ユイに助言を受けるなどのクロスオーバーが見られる。
ゲームAnother Century's Episode:R
お台場でタクマのベヘモスを破壊した直後、クルツ・マオ・テッサ・かなめとともに「惑星エリア」へ転移させられる。
部隊の中ではウルズチームの一員として敵基地等への潜入・破壊工作を担当。ズレた感性は相変わらずで、「アクティブに敵をかく乱するための装備」と称してボン太くんを持ち出す、『マクロスF』の早乙女アルトが「アルト姫」というあだ名を付けられて嫌がっているのに対し「本来は高貴な身分の出だが、それを隠してS.M.Sに参加している」と大真面目に解釈する、「お前は(性的な意味ではなく、戦いの動作が)美しい」と誤解を招きかねない発言をするなど、随所で笑いを誘う。

搭乗機[編集]

このほか、作中で直接描写されていないものの、ミストラル2をはじめとする他のASにも搭乗した経験があると語っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ レナードは、テッサが母の不義を知っているとは思っておらず、その告白に衝撃を受けた。