相磯秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

相磯 秀夫(あいそ ひでお、1932年3月3日 - )は、日本工学者東京工科大学理事慶應義塾大学名誉教授

人物・経歴[編集]

神奈川県生まれ。慶應義塾大学大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了。通商産業省工業技術院電子技術総合研究所を経て、慶應義塾大学工学部教授。1990年環境情報学部設置に際して同学部に移り初代学部長に就任。その後大学院政策・メディア研究科委員長などを務めた。1999年東京工科大学に移り、日本最初のメディア学部の設立に参加して初代学部長に就任。同年6月、同大学学長に就任した。2004年有限責任中間法人Mozilla Japanの代表理事に就任。また、情報処理学会副会長や、国家プロジェクトであった「第五世代コンピュータスーパーコンピュータ・情報処理相互運用技術などの推進委員会」委員長などを歴任。慶應義塾大学工学部相磯研究室からは、村井純徳田英幸坂村健をはじめとするコンピュータ関連分野の多くの研究者を輩出した。この間関西大学客員教授も務める。

略歴[編集]

専門分野[編集]

研究業績[編集]

  • 「計算機アーキテクチャ(岩波講座・情報科学-15)」岩波書店(1982)
  • 「第5世代コンピュータと未来」講談社(1985)
  • 「ノーベルコンピューティングへの挑戦」三田出版会(1990)
  • 「電子計算機I-計算機基礎(電子情報通信学会大学シリーズH-3)コロナ社(1992)

脚注[編集]

  1. ^ 日本のコンピュータパイオニア情報処理学会
  2. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク[編集]