相内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
相内駅
相内駅(2009年6月)
相内駅(2009年6月)
あいのない - Ainonai
A56 留辺蘂 (10.9km)
(4.6km) 東相内 A58
所在地 北海道北見市相内町
駅番号 A57
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 169.1km(新旭川起点)
電報略号 アイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年大正元年)11月18日
備考 無人駅
ホームの様子
1977年の相ノ内駅と周囲約1km範囲。右が網走方面。駅裏留辺蘂方の防腐工場へ本線脇を専用線が敷かれている。北見方にも短い木工所(松下木材)向け専用線があり、多くの貨車が留置きされている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

相内駅(あいのないえき)は、北海道北見市相内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線である。駅番号A57電報略号アイ

駅構造[編集]

単式・島式ホーム2面2線の複合ホーム。ホーム間の線路は両方と接するが、島式ホーム側は崩されており乗降は行わない。1番線は両方向に出発信号機や停止位置表示があり、上り列車同士の列車交換も可能。2番のりばへは構内踏切を渡る。

のりば
1 石北本線 (下り) 北見美幌網走方面
2 石北本線 (上り) 留辺蘂遠軽旭川方面

北見駅管理の無人駅

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「アイヌ・オ・ナイ」(人の多くいる沢)が転訛したものという説がある。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1912年(大正元年)11月18日 - 上相ノ内駅(かみあいのないえき)として開業。一般駅。
  • 1934年(昭和9年)2月5日 - 相ノ内駅(2代目)に改称。同時に相ノ内駅(初代)が東相ノ内駅に改称。
  • 1960年(昭和35年)頃 - 山陽木材防腐北見工場操業開始。専用線0.5㎞。
  • 1969年(昭和44年)10月1日 - 貨物扱い廃止。
  • 時期不詳 窓口業務を民間委託化。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物扱い廃止。
  • 1984年(昭和59年)11月10日 - 業務委託廃止、簡易委託化。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化によりJR北海道に継承。
  • 1988年(昭和63年) - 駅舎改築[1]
  • 1992年(平成4年)4月1日 - 簡易委託廃止、完全無人化。
  • 1997年(平成9年)4月1日 - 相内駅に改称。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 北海道630駅 小学館 1993年発行。
  2. ^ “<こだま>「留萠駅」から「留萌駅」に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1997年2月21日)

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
石北本線
特別快速「きたみ」・普通
留辺蘂駅 (A56) - 相内駅 (A57) - 東相内駅 (A58)
国有鉄道時代に留辺蘂駅と当駅(当時は相ノ内駅)との間に下相ノ内仮乗降場1950年(昭和25年)11月1日開業、1967年(昭和42年)10月1日廃止)が存在した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]