直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ちょくさアルキルベンゼンスルホンさんナトリウム)あるいはドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムとは、合成洗剤に使われる界面活性剤のひとつ。略して LAS (Linear AlkylbenzeneSulfonate の頭文字ラスと読む)と言う。また、農薬に使われる乳化剤や、繊維染色加工するための分散剤にも使われている。

歴史[編集]

かつては、合成洗剤の界面活性剤として 、分枝鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム が使われていたが、魚毒性、河川が泡だらけになるなど著しい環境問題が問題になったので LAS が使われるようになった。最近ではさらに毒性の弱いポリオキシエチレンアルキルエーテル (AE) 等も使われるようになった。

毒性[編集]

LAS は決して無害ではないことは事実である。

魚毒性
ABS よりはるかに少ないが石鹸より毒性は強い。
皮膚刺激性
OECD によると、20% 以上の濃度の LAS で皮膚刺激性ありとしている。
慢性毒性
人体実験のデータはなし。
体内への吸収
人体実験のデータはなし。

外部リンク[編集]