直根性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

直根性(ちょっこんせい)は、ダイコンゴボウなどのように、根が途中で分かれることなく、まっすぐに伸びる性質である。チューリップヒヤシンスなど、根は何本も伸びるが、分かれ目のないものはやはり直根性という。

このような植物では、根が切断されてしまうと、再生が難しいため、移植ができない。ケシ科マメ科アカバナ科などの、実生の場合は、直まきにするか、本葉が2枚くらいの、ごく小さな苗のうちに定植する。球根類は、ダリアカンナラナンキュラスなど一部を除いて移植を嫌うので、栽培地に直に植えるか、鉢植えにしておき、鉢の中身を土ごとすっぽり抜いて植え替える。