目名駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
目名駅
目名駅(2009年9月)
目名駅(2009年9月)
めな - Mena
S29 熱郛 (15.4km)
(7.6km) 蘭越 S27
所在地 北海道磯谷郡蘭越町目名町
駅番号 S28
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 155.8km(函館起点)
電報略号 メナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1904年明治37年)10月15日
備考 無人駅

目名駅(めなえき)は、北海道磯谷郡蘭越町目名町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号S28電報略号メナ

当駅から滝川駅まで本社管轄となる。

駅名はアイヌ語の「メナ」(細流、支流)に由来する[1]

歴史[編集]

1976年の目名駅と周囲約750m範囲。左下が長万部方面。少しずれた形の相対式ホームと退避用中線を有する2面3線。駅舎横の長万部側に貨物ホームと引込み線を有しているが、既に貨物取扱廃止となっていて、黄色の保線車とレール運搬台車らしき姿が見える。駅裏の長万部側には、保線車用の青屋根の車庫と引込み線がある。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

片面ホーム1面2線を持つ地上駅一線スルー構造で、ホームは駅舎に面した線路にのみ設置されている。倶知安駅管理の無人駅駅舎は「町民サロン」を併設しているが、いたって小さい。

交換設備が撤去されていた時期がある。現在のダイヤでは充分なものの、2000年有珠山噴火の際に室蘭本線が一部不通となり、通常室蘭本線・千歳線経由で運転されている特急列車貨物列車函館本線長万部駅 - 札幌駅間)経由で運行することになったが、交換設備が少ないため運休列車が多発した。今後も室蘭本線災害時の迂回ルートとなるため、災害時輸送力増強を目的として当駅に交換設備が再度設置された。

駅名標

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
熱郛駅 (S29) - 目名駅 (S28) - 蘭越駅 (S27)
  • かつて熱郛駅 - 当駅間(函館駅起点147.6km地点)に上目名駅が存在した(1913年(大正2年)9月21日開業、1984年(昭和59年)3月31日廃止)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『駅名の起源』 札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、7頁。NDLJP:1029473
  2. ^ “駅番号表示(駅ナンバリング)を実施します” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2007年9月12日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2007/070912-3.pdf 2014年9月6日閲覧。 

関連項目[編集]