皮脂欠乏性湿疹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)とは、皮膚が乾燥し乾皮症と呼ばれる状態に移行し、その一部から湿疹を生じる皮膚疾患。

頻度[編集]

高齢者に多い。

症状[編集]

下腿の伸側・背中に多い。湿疹は貨幣状湿疹になることもある。掻痒を伴う。乾燥の強い冬に悪化。

注意点[編集]

  • 乾燥が原因であるが、水分を多くとっても軽快しない。
  • お風呂で過度の石鹸やナイロンタオルを使用すると、悪化することがあるので中止する。
  • 部屋内の湿度を上げる工夫をする。加湿器・観葉植物・水槽など。
  • 刺激の強い衣服を避ける工夫をする。

治療[編集]

外用剤としてステロイド・保湿剤が使われる。その他、補助的に抗アレルギー薬の内服を行う。

関連項目[編集]