百済書記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
百済書記
백제서기
著者 チョン・ソンヒョク (전성혁)
発行日 韓国の旗2002年
発行元 韓国の旗띠앗
ジャンル 反日小説
韓国の旗 韓国
言語 韓国語
ページ数 240 ページ
コード ISBN 898955845X
テンプレートを表示

百済書記』(くだらしょき、ペクチェソギ)は、チョン・ソンヒョク2002年に発表した小説。日本の天皇は朝鮮人の子孫であるという《正しい歴史認識》を下敷きに愛子内親王と韓国人青年の恋愛を描いたもので、反日小説に分類される。

概要[編集]

当時浪人生であった作者が2001年の今上天皇の発言桓武天皇の生母高野新笠百済武寧王の子孫であったとされていることに関するもの)に触発され、「50冊もの」資料を読んで書き上げた(参考文献一覧がないため、どのような資料を読んだのかは不明)という作品。

内容もさることながら明らかに事実と異なる描写があまりにも多く(後述)、もし日本で出版されればトンデモ本としての扱いを受けるのは間違いなさそうな作品である。また、作者がこの本に《正しい歴史認識》を受け入れ、占領時代の行為について謝罪するよう求める手紙を添えて駐韓日本大使に贈ったことが韓国の新聞で報道された(大使がそれを読んだかどうかは不明)。


登場人物[編集]

この小説はフィクションであり、登場人物は架空の存在であって実在する同名の人物とは無関係である。
愛子
幼い頃から日本と韓国との間に微妙な関係があるらしいことは気づいていたが、具体的なことは何も教えられずに育った。成人した後にハーバード大学へ留学、ミンヒョクと運命の出会いをする。終章では第128代天皇に即位し、《正しい歴史認識》に基づいて《東アジア諸国との友好》のために様々な《改革》を進める。
イングリッシュネーム(留学先での通称)は「ジャクリーン」。
余ミンヒョク
愛子が日本の皇女とは知らないまま彼女と恋に落ちる。実は彼も百済王家の末裔であり、それらのことを知ってからは《正しい歴史認識》を明らかにするために活動する。終章では韓国史上最年少の大統領となり、日本や北朝鮮との関係改善に成功する。
イングリッシュネームは「ジェームス」。
明仁
愛子の祖父、第125代天皇。幼少の頃、と共に朝鮮半島を訪れ、ミンヒョクの曾祖父に会ったことがある。
徳仁
愛子の父、皇太子。明仁の崩御により第126代天皇に即位するが、愛子に皇位を継がせようとした事などが原因で弑逆される。
雅子
愛子の母、皇太子妃。
文仁
徳仁の弟。第127代天皇に即位するが、のち愛子に譲位。
常陸宮
明仁の弟。田中と結託して徳仁を暗殺し、自ら即位しようとするが、愛子や文仁らに陰謀を暴かれ、田中に弑逆される。
田中
東條英機の養子で前外務大臣。軍国主義復活を目論む極右。陰謀が失敗すると常陸宮を弑逆し、その場で切腹する。
和田春樹
日本の学界が《正しい歴史認識》を受け入れないことに心を痛める良心的学者。
緒方
元国連難民高等弁務官。雅子とは旧知の仲で、幼い愛子に様々な国のことを教える。
余グギン
ミンヒョクの父の従兄弟。日帝がミンヒョクの曾祖父(彼にとっては祖父)から奪ったという古文書『百済書記(書ではない)』を取り返すため、ミンヒョクを連れて日本へ渡る。

現実との相違点[編集]

日本の政治体制が明らかに日本国憲法で規定されたものとは異なる(天皇の意思が政策に直接反映される)点については前書きにも書かれているように判っていてやったことであるらしい。また《正しい歴史認識》の真偽に関してはここでは論じない。

しかしそれらを除いても、事実と異なる点が多数存在する。以下に例を挙げる。

  • 愛子内親王の1歳の誕生日に、テーブルの上に並んだ幾つかの贈り物からどれか一つを選ばせる(韓国では伝統的な風習だが、現実の皇室では行わない)。
  • 秋篠宮家の内親王の名前がミツコとナリコ。
  • 学習院が存在せず、愛子内親王は皇太子妃や家庭教師について教育を受ける。
  • 愛子内親王の成人式が靖国神社で行われる。しかも宮廷音楽として三味線が演奏される。
  • ハーバード大学に愛子内親王以外の日本人留学生がいない。(そもそも、皇族のほとんどはアメリカではなくイギリスに留学する。)
  • 昭和天皇が戦前に朝鮮半島を訪れていた。
  • グギンが東海道新幹線の車中で、この鉄道は強制連行された韓国人によって作られたとミンヒョクに教える(新幹線は言うまでもなく戦後の開通であるし、東海道本線も全線開通は日韓併合より前)。
  • 秋篠宮より常陸宮のほうが年長のため、皇位継承権が上とされている。

外部リンク[編集]