白子 (精巣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

白子(しらこ)は、主に魚類精巣食材とする際の呼び名。タラアンコウフグなどの成熟した白子は味が良く、酢の物汁物鍋物焼き物などとして食べる。

通常、75-82%の水分、1-5%の脂肪を含み、プロタミンヒストン)、ヌクレオプロテインなどの強塩基性タンパク質ポリアミンを多く含むのが特徴とされる。遺伝子としてのDNAも高濃度で含む。

フグの白子[編集]

フグの身や内臓には猛毒であるテトロドトキシンが蓄積される。どこに蓄積されるかはフグの種類ごとに違うが、白子は比較的テトロドトキシンが蓄積される種が少なく(皆無ではない)、うまみも芳醇であることから食用に供される。

サケの白子[編集]

サケの白子は主にDNAやプロタミンの抽出材料として利用され、核酸調味料強化剤保存料、工業原料などにも利用されている。2013年には、リン酸がレアアース(特にツリウムルテチウム)吸着を高めることがわかったため、鉱石から採取を容易にできるようになる手法をアイシン・コスモス研究所が開発した。なお、白子に化学的処理を施せば、あらゆる種類のレアアースにも対応できることもわかっている[1]

食用として提供され、鍋物や汁物の材料として盛んに売られている。

タラの白子[編集]

一般的にスケソウダラの白子を助子(スケコ)・マダラの白子を真子(マコ)とも呼び、その他地方名として北海道では「タチ・タツ」(すけだち・まだち)。青森県では「タヅ」。岩手県宮城県では「きく・きくわた」。秋田県山形県福井県では「だだみ」。京都では「雲子(くもこ)」と呼ばれることが多い。 焼き物・天ぷら・味噌汁・鍋の具材としても利用され、近年は海外からも輸入されている。

北海道岩内町利尻島ではかまぼことして加工されるたつのかまぼこ(たちのかまぼこ)がある。

イカの白子[編集]

数が少なく珍重されるため、一般にはあまり出回らない。高級料亭などで食されている。 ポン酢や酢味噌につけたり、つみれにして椀種に用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ 「サケの白子で安く効率よく レアアース回収 新手法」 2013年5月18日付中日新聞朝刊10面(経済欄)より