癜風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
癜風
: Tinea versicolor
分類及び外部参照情報
ICD-10 B36.0
ICD-9 111.0
DiseasesDB 10071
MedlinePlus 001465
eMedicine derm/423
MeSH D014010
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

癜風(でんぷう、: Tinea versicolor)は、表皮に発症する真菌感染症

細かい鱗屑が付着する淡褐色斑(黒色癜風)あるいは脱色素斑(白色癜風)ができる。好発部位は背部胸部頸部上腕腋窩などで、からにかけて発症および悪化しやすく、痒みは伴わないことが多い。ありふれた日和見感染の一つであるが気づかない人が多く、一般的に認知されていない。皮膚常在菌の一つで酵母に属するマラッセジア属英語版: Malassezia)(マラセチアとも、Malassezia globosaM. furfur など)が原因で、これらの菌は皮脂を好む。

黒色癜風を黒なまず、白色癜風を白なまずともいう(原因の異なる尋常性白斑も俗に白なまずという)。

白斑は治ったあとのことが多く、徐々に消えるのを待つしかない。

治療にはミコナゾールイトラコナゾール英語版などイミダゾール系の抗真菌薬が用いられる。

イミダゾール系が効かない場合、テルビナフィン系が効くとの報告もある。いずれにせよ、3ぐらいで効果がない場合は、抗真菌薬の種類を変えるといい。2週間も外用すれば、治まるものである。

関連項目[編集]