ICD-10 第5章:精神と行動の障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)の第5章「精神および行動の障害」の一覧である。

派生物[編集]

「臨床記述と診断ガイドライン」(CDDG、ブルーブック[1])がこのICD-10第5章の最初のものである[2]。「研究用診断基準」(DCR, Diagnostic critria for research、グリーンブック[1])は、その注意事項にあるように、臨床概念や合併の多い症状が記述されず、単独で使用できないため「臨床記述と診断ガイドライン」の習熟が先に必要になるが、患者群の選別のために他の障害といかなる点が類似しているといった詳細が含まれる[3]

さらに、世界保健機関の『アルコールと薬物の用語集』(Lexicon of alchol and drug term)は、用語を定義し、またICD-10に対応した診断コードが載せられている[4]。これは、例としてF1x.70フラッシュバックが、幻覚剤に関したものであるといった定義がなされており[5]、定義関係の把握に重要である。

障害定義[編集]

ICD-10の序論にある「用語上の問題点」では、「疾患(disease)」のような用語は本質的で重大な問題が生じるため、「障害(disorder)」という曖昧な用語を採用するとしている[6]。また、「障害」について、臨床的に有意な症状や行動、個人的な機能不全の両方が存在する状態と定義している[6]。社会的な逸脱や葛藤も、苦痛や個人的な機能不全がなければ精神障害と見なすべきではない[6]

なお、DSM日本語版ではDSM-IV以降、Mental Disorderの部分は精神疾患の訳であるが[7]、ICD-10日本語版では精神障害の訳である[6]

F00-F99 - 精神および行動の障害[編集]

(F00-F09) 症状性を含む器質性精神障害[編集]

  • (F00) アルツハイマー病認知症
  • (F01) 血管性認知症
    • (F01) 多発梗塞性認知症
  • (F02) 他に分類される他の疾患の認知症
  • (F03) 特定不能の認知症
  • (F04) 器質性健忘症候群、アルコール他の精神作用物質によらないもの
  • (F05) せん妄、アルコール他の精神作用物質によらないもの
    • (F05.0) 認知症に重ならない
    • (F05.1) 認知症に重ならなる
    • (F05.8) 他のせん妄
    • (F05.9) せん妄、特定不能の
  • (F06) 脳損傷、脳機能不全および身体疾患による他の精神障害
    • (F06.0) 器質性幻覚症
    • (F06.1) 器質性緊張病性障害
    • (F06.2) 器質性妄想性(統合失調症様)障害
    • (F06.3) 器質性気分(感情)障害
      • .30 器質性躁病性障害
      • .31 器質性双極性障害
      • .32 器質性うつ病性障害
      • .33 器質性混合型感情障害
    • (F06.4) 器質性不安障害
    • (F06.5) 器質性解離性障害
    • (F06.6) 器質性情動易変性(無力性)障害
    • (F06.7) 軽度認知障害
    • (F06.8)脳損傷、脳機能不全および身体疾患による他の特定の精神障害
    • (F06.9)脳損傷、脳機能不全および身体疾患による特定不能の精神障害
  • (F07)脳疾患、脳損傷および脳機能不全によるパーソナリティおよび行動の障害
    • (F07.0)器質性パーソナリティ障害
    • (F07.1)脳炎後症候群
    • (F07.2)脳震盪後症候群
    • (F07.8) 脳疾患、脳損傷および脳機能不全による他の器質性のパーソナリティおよび行動障害
    • (F07.9)脳疾患、脳損傷および脳機能不全による特定不能の器質性のパーソナリティおよび行動障害
  • (F09)特定不能の器質性および症状性精神障害

(F10-F19) 精神作用物質の使用による精神および行動の障害[編集]

物質 F1x.0 F1x.1 F1x.2 F1x.3 F1x.4 F1x.5 F1x.6 F1x.7
(F10) アルコールの使用 急性アルコール中毒 アルコールの有害な使用 アルコール依存症 アルコール離脱症候群英語版 振戦せん妄 アルコール幻覚症 コルサコフ症候群
(F11) アヘン類の使用 オピオイド過剰摂取英語版 オピオイド依存症英語版
(F12) カンナビノイドの使用 大麻の急性中毒 大麻依存症英語版
(F13) 鎮静薬又は催眠薬の使用 ベンゾジアゼピン過剰摂取英語版 ベンゾジアゼピン薬物乱用 ベンゾジアゼピン依存症 ベンゾジアゼピン離脱症候群 振戦せん妄
(F14) コカインの使用 コカイン中毒英語版 コカイン中毒英語版
(F15) カフェインを含む他の精神刺激薬の使用 カフェイン中毒 精神刺激薬精神病
(F16) 幻覚剤の使用 フラッシュバック
(F17) タバコの使用 ニコチン離脱英語版
(F18) 揮発性溶剤の使用
(F19) 多剤使用および他の精神作用物質の使用

(F20-F29) 統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害[編集]

  • (F20) 統合失調症
    • (F20.0) 妄想型統合失調症
    • (F20.1) 破瓜型統合失調症
    • (F20.2) 緊張型統合失調症
    • (F20.3) 鑑別不能の統合失調症
    • (F20.4) 統合失調症後抑うつ
    • (F20.5) 残遺[型]統合失調症
    • (F20.6) 単純型統合失調症
    • (F20.8) 他の統合失調症
      • 特定不能の統合失調症様精神病性障害, NOS:Schizophreniform psychosis. F23.2を除く [2]
    • (F20.9) 統合失調症、特定不能の
  • (F21) 統合失調型障害, Schizotypal disorder
  • (F22) 持続性妄想性障害
    • (F22.0) 妄想性障害
    • (F22.8) 他の持続性妄想性障害
    • (F22.9) 持続性妄想性障害,特定不能の
  • (F23) 急性一過性精神病性障害
    • (F23.0) 統合失調症状を伴わない急性多形性精神病性障害
    • (F23.1) 統合失調症状を伴う急性多形性精神病性障害
    • (F23.2) 急性統合失調症様精神病性障害
    • (F23.3) 妄想を主とする他の急性精神病性障害
    • (F23.8) 他の急性一過性精神病性障害
    • (F23.9) 急性一過性精神病性障害、特定不能の
  • (F24) 感応性妄想性障害
  • (F25) 統合失調感情障害, Schizoaffective disorders
    • (F25.0) 統合失調感情障害,躁病型
    • (F25.1) 統合失調感情障害,うつ病型
    • (F25.2) 統合失調感情障害,混合型
    • (F25.8) 他の統合失調感情障害
    • (F25.9) 統合失調感情障害,特定不能の
  • (F28) 他の非器質性精神病性障害
  • (F29) 特定不能の非器質性精神病

(F30-F39) 気分(感情)障害[編集]

  • (F30) 躁病エピソード
    • (F30.0) 軽躁病
    • (F30.1) 精神病症状を伴わない躁病
    • (F30.2) 精神病症状を伴う躁病
    • (F30.8) 他の躁病エピソード
    • (F30.9) 躁病エピソード,特定不能の
  • (F31) 双極性感情障害 [躁うつ病]
    • (F31.1) 双極性感情障害,現在軽躁病エピソード
    • (F31.1) 双極性感情障害,現在精神病症状を伴わない躁病エピソード
    • (F31.2) 双極性感情障害,現在精神病症状を伴う躁病エピソード
    • (F31.3) 双極性感情障害,現在軽症又は中等症のうつ病エピソード
    • (F31.4) 双極性感情障害,現在精神病症状を伴わない重症うつ病エピソード
    • (F31.5) 双極性感情障害,現在精神病症状を伴う重症うつ病エピソード
    • (F31.6) 双極性感情障害,現在混合性エピソード
    • (F31.7) 双極性感情障害,現在寛解状態にあるもの
    • (F31.8) 他の双極性感情障害
      • II型双極性障害[8]
      • 反復性躁病エピソード[8]
    • (F31.9) 双極性感情障害,特定不能の
  • (F32) うつ病エピソード
    • (F32.0) 軽症うつ病エピソード
    • (F32.1) 中等症うつ病エピソード
    • (F32.2) 精神病症状を伴わない重症うつ病エピソード
    • (F32.3) 精神病症状を伴う重症うつ病エピソード
    • (F32.8) 他のうつ病エピソード
      • 非定型うつ病[9]
    • (F32.9) うつ病エピソード,特定不能の
  • (F33) 反復性うつ病性障害
    • (F33.0) 反復性うつ病性障害,現在軽症エピソード
    • (F33.1) 反復性うつ病性障害,現在中等症エピソード
    • (F33.2) 反復性うつ病性障害,現在精神病症状を伴わない重症エピソード
    • (F33.3) 反復性うつ病性障害,現在精神病症状を伴う重症エピソード
    • (F33.4) 反復性うつ病性障害,現在寛解状態にあるもの
    • (F33.8) 他の反復性うつ病性障害
    • (F33.9) 反復性うつ病性障害,特定不能の
  • (F34) 持続性気分(感情)障害
  • (F38) 他の気分(感情)障害
    • (F38.0) 他の単発性気分(感情)障害
    • (F38.1) 他の反復性気分(感情)障害
    • (F38.8) 他の特定の気分(感情)障害
  • (F39) 特定不能の気分(感情)障害

(F40-F48) 神経症性障害,ストレス関連障害および身体表現性障害[編集]

(F50-F59) 生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群[編集]

(F60-F69) 成人のパーソナリティおよび行動の障害[編集]

(F70-F79)精神遅滞[編集]

  • (F70) 軽度精神遅滞
  • (F71) 中等度精神遅滞
  • (F72) 重度精神遅滞
  • (F73) 最重度精神遅滞
  • (F78) 他の精神遅滞
  • (F79) 特定不能の精神遅滞

(F80-F89)心理的発達の障害[編集]

(F90-F98)小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害[編集]

  • (F90) 多動性障害
  • (F91) 行為障害
  • (F92) 行為および情緒の混合性障害
    • (F92.0) 抑うつ性行為障害
    • (F92.8) 他の行為および情緒の混合性障害
    • (F92.9) 行為および情緒の混合性障害、特定不能の
  • (F93) 小児期に特異的に発症する情緒障害
    • (F93) 小児期の分離不安障害
    • (F93.1) 小児期の恐怖症性不安障害
    • (F93.2) 小児期の社会[社交]不安障害
    • (F93.3) 同胞葛藤障害
    • (F93.8) 他の小児期の情緒障害
      • 同一性障害[14]
      • 過剰不安障害[14]
    • (F93.9) 小児期の情緒障害、特定不能の
  • (F94) 小児期および青年期に特異的に発症する社会的機能の障害
    • (F94.0) 選択性縅黙
    • (F94.1) 小児期の反応性愛着障害
    • (F94.2) 小児期の脱抑制性愛着障害
    • (F94.8) 他の小児期の社会的機能の障害
    • (F94.9) 小児期の社会的機能の障害、特定不能の
  • (F95) チック障害
    • (F95.0) 一過性チック障害
    • (F95.1) 慢性運動性または音声性チック障害
    • (F95.2) 音声および多発運動性の合併したチック障害 (ド・ラ・トゥレット
    • (F95.8) 他のチック障害
    • (F95.9) チック障害、特定不能の
  • (F98) 小児期および青年期に通常発症する他の行動および情緒の障害
    • (F98.0) 非器質性遺尿症
    • (F98.1) 非器質性遺糞症
    • (F98.2) 乳幼児期および小児期の哺育障害
    • (F98.3) 乳幼児期および小児期の異食症
    • (F98.4) 常同運動障害
    • (F98.5) 吃音[症]
    • (F98.6) 早口症
    • (F98.8) 他の小児期および青年期に通常発症する特定の行動および情緒の障害
    • (F98.9) 小児期および青年期に通常発症する特定不能の行動および情緒の障害

(F99)特定不能の精神障害[編集]

  • (F99) 精神障害、他に特定できない

脚注[編集]

参考文献[編集]

ICD-10第5章

その他

関連項目[編集]

外部リンク[編集]