疑念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

疑念(ぎねん、: Doubt)とは信念と不信(disbelief)の間の状態のことであり、事実とされていること、行為動機、あるいは意思決定の、不確かさ、ないしは疑惑(distrust)、ないしは確実さの欠如を含んでいる。疑念は、認識された「実在」というような何らかの概念に疑問を投げかけ、誤り、過失、ないしは適切さへの懸念から、関連のある行為を遅らせることあるいは退けることを含む。

「to doubt」という用語は「その人の環境と人生経験を問うこと」を意味することができる。

参考文献[編集]

  • Hecht, Jennifer Michael (2003). Doubt: a history: the great doubters and their legacy of innovation from Socrates and Jesus to Thomas Jefferson and Emily Dickinson. San Francisco: HarperSanFrancisco. ISBN 0-06-009795-7. 
  • Hein, David (Winter 2006). "Faith and Doubt in Rose Macaulay's The Towers of Trebizond". Anglican Theological Review 88 (1): 47-68. ISSN 0003-3286.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]