異常性愛記録 ハレンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
異常性愛記録 ハレンチ
監督 石井輝男
脚本 石井輝男
出演者 橘ますみ
若杉英二
吉田輝雄
音楽 八木正生
撮影 わし尾元也
製作会社 東映京都
配給 東映
公開 日本の旗 1969年2月21日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

異常性愛記録 ハレンチ』(いじょうせいあいきろく ハレンチ)は、1969年日本映画R-18(旧成人映画)指定。

概要[編集]

東映の「異常性愛路線」作品の一つ。執拗かつ異常な性行為を強いる男と、彼に追い詰められるヒロインの攻防を描く。回想を多用しているため時系列が把握しにくい難点があるものの、『恐怖のメロディ』(クリント・イーストウッド監督、1971年)と同様に一般化[1]する以前にストーカー行為を描いている作品である。石井監督が知り合いから聞いた実話をヒントにしている。

ヒロインを追い詰める深畑演じる若杉英二は、石井輝男のデビュー作『リングの王者 栄光の世界』の主演候補に挙がったものの外れ、本作が石井作品への本格的な初出演となった。苦悩するヒロインを庇う吉岡は、石井作品の常連であり、「異常性愛路線」作品では「正常」な立場を演ずる事が多かった吉田輝雄が演じている。公開当時のニューハーフのスターを全国から集めて出演させた長回しダンスシーンも見もの。

タイトルのハレンチとは、当時の流行語から来ている。

ストーリー[編集]

京都木屋町バー「ノン」のママをしている典子(橘)は、染織会社の社長・深畑(若杉)と腐れ縁の関係が続いていた。深畑は典子の友人の前でのセックス等、異常な性行為を典子に強いていた。その上、深畑は典子の前では「他の女とはセックスできない」とうそぶき、女性マッサージ師マッサージを受けながら女とセックスするなど、他のホステスゲイボーイともアブノーマルなセックスを繰り返していた。「ノンコ[2]、愛してるんだよ~ん」「しあわせ?」と言うのが口癖の深畑は母性をくすぐるような幼児性と暴力と猜疑心をもって典子を支配していた。典子が別れを口にすれば、深畑はだんまりを決め込んでしまう。たまたま典子の部屋に寄ってきた典子のにさえ仏頂面で接した。母親が帰ると、一転、深畑は典子を泣き落しにかかる有様だった。

典子は深畑の子供を妊娠してしまう。妊娠中絶手術をしようにも手続きのために深畑は実印を産婦人科医院にもってくることさえ拒む。結局、典子は母親が保証人になって深畑の子を堕ろした。周囲は深畑が典子のパトロンのように見えているが、そのような経済的援助は皆無であり、典子の店のツケすら払おうとしなかった。典子の自宅マンションも彼女自身が購入したものだった。深畑は、重要な事を前にするとだんまりを決め込んで逃げてしまう男だった。しかし、深畑の家族は典子が深畑をたぶらかしていると見ていた。泥沼の関係に、典子は身も心もボロボロになっていった。

そんな時、典子は建築家の吉岡(吉田)と出会う。深畑と違い、吉岡は典子に優しく誠実だった。湖畔へ一泊のデートに行った時、典子は深畑との関係を絶ち、「第二の異性」である吉岡と一緒になる決意をする。典子は深畑が徘徊する自宅マンションを離れ、吉岡と同棲するようになった。だが、そんな典子を神戸の出張から帰った深畑が許すはずが無かった。おまけに、神戸・福原で外国人のゲイボーイ達と3Pプレイをした深畑から典子は性病を感染させられてしまう。一度は深畑との別れを決意した典子だったが、深畑の狡猾な心中決意に戸惑って撤回してしまう。吉岡に迷惑がかかると思った典子は、吉岡の自宅マンションに置手紙を書いて立ち去り、一人深畑から逃げようとする。

だが、吉岡のマンションの前ではナイフを持った深畑が待ち構えていた。深畑にナイフを突き付けられた典子は、入れ違いざまに帰宅した吉岡を呼び出した。家族から見捨てられた深畑は吉岡を刺殺しようとしていたのだ。典子は深畑にハレンチよ!」と叫ぶ。の中、吉岡と深畑は格闘し、ナイフに落雷した深畑は感電する。マンションの廊下から転落して黒焦げの焼死体と化した深畑。降り続く雨の中、典子と吉岡は抱擁を交わした[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、ストーカーという言葉そのものは、1963年の『喜劇・とんかつ一代』(川島雄三監督東宝)にすでに登場している。同作品では主人公・森繁久弥が、主人公のトンカツ店に毎日入り浸っているフランキー堺に対して言っており、いわゆる「金魚のフン」と同じような意味で用いていた。
  2. ^ 典子の愛称
  3. ^ シナリオではこの後、典子と吉岡が外国へ旅立つラストシーンが設定されているものの、本編ではカットされている。
  4. ^ 当初、同役は南利明であったが出演していない。代役は不明。
  5. ^ 当初、同役は由利徹であったが出演していない。代役は不明。
  6. ^ 当初、同役はカルーセル麻紀であったが出演していない。
  7. ^ 製作当時において、人気のあったゲイボーイを東京・大阪名古屋などから選抜したチーム。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]