畠山記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本館

畠山記念館(はたけやまきねんかん)は、東京都港区白金台2丁目にある美術館。所蔵品は茶道具を中心とした日本東洋の古美術品であり、国宝6件を含む。実業家畠山一清(1881 - 1971)が自らの収集品を公開するために開館した。運営主体は公益財団法人畠山記念館である。

概要[編集]

煙寺晩鐘図 伝・牧谿
藤原佐理筆書状(離洛帖)

株式会社荏原製作所の創立者として知られる実業家畠山一清は1881年(明治14年)、金沢に生まれた。家系は能登の守護大名畠山氏の血筋を引くという。畠山は東京帝国大学機械工学科を卒業後、1912年(大正元年)、荏原製作所の前身にあたる「ゐのくち式機械事務所」という会社を興した。これは東京帝大で彼の恩師であった井口在屋(1856 - 1923)の発明した井口式ポンプを販売するための会社であった。1920年(大正9年)にはポンプ販売の事業を発展させて荏原製作所を設立した。

畠山は「即翁」と号し、茶人としても知られた。近代日本の美術コレクターには実業家で茶人であった者が多いが(益田孝原富太郎藤田伝三郎など)、畠山はこうしたタイプの茶人としては最後の世代に属する。また彼は幼時から宝生流の謡(うたい)をたしなんでいたため、収集した古美術品には茶道具と能楽関連のものが多い。

畠山は社団法人発明協会会長を務め、1960年(昭和35年)には科学技術振興のための畠山記念財団を設立するなど社会貢献に努めた。1964年(昭和39年)には畠山記念館を設立公開した。畠山は派手な宣伝をして客を呼ぶことは茶人の精神に反すると考え、開館記念展のポスターも作らず、所蔵品の図録も当初は作らなかったという。

畠山記念館は港区と品川区の境界付近に位置し、本館は崖地の斜面に建っている。敷地は城郭を思わせる石垣と白壁の塀に囲まれている。記念館の敷地は江戸時代には薩摩藩島津家の別邸だった場所で、1669年(寛文9年)、江戸幕府が島津家に下付したものである。この土地は、薩摩出身で後に参議・外務卿となった寺島宗則(1832 - 1893)の屋敷となった。畠山一清がこの土地を買い取ったのは1937年(昭和12年)のことであった。敷地内には本館のほか、沙那庵、翠庵、明月軒、新座敷、浄楽亭、毘沙門堂などの建物があり、かつて隣接して料亭般若苑があった。般若苑は奈良・般若寺の客殿を移築したもので、三島由紀夫の『宴のあと』のモデルとなったことで知られる。

シンプルな外装の本館は畠山自らの設計になる。館内は土足禁止で来客はスリッパに履き替えて入館する。1階には平櫛田中作の和服姿の畠山一清像があり、2階が展示室になっている。展示室は障子を通した自然光のもとで作品を鑑賞できるように配慮されている。展示室の一部に畳敷きの部分があり、掛軸床の間に掛けられた際の本来の目線で鑑賞することができる。希望者には抹茶が供される(有料)。

所蔵品は茶道関係が中心で、日本と東アジアの陶磁器、水墨画墨蹟(禅僧の筆跡)、琳派を中心とした日本絵画など、いずれも一級品が揃っている。畠山一清が能をたしなんでいた関係で、能面、能装束などの能楽関連品も多数所有している。展示は「春季展」「夏季展」のように季節ごとに展示替えが行われている。

指定文化財[編集]

林檎花図 南宋時代
躑躅図 尾形光琳筆

国宝[編集]

  • 紙本墨画煙寺晩鐘図 伝牧谿筆 南宋時代
  • 紙本墨画禅機図断簡(智常・李渤図) 因陀羅筆 元時代
  • 絹本著色林檎花図 南宋時代
  • 蝶螺鈿蒔絵手箱 鎌倉時代
  • 藤原佐理筆書状(離洛帖)平安時代 三蹟の1人である藤原佐理の真筆の書状として名高い。
  • 大慧宗杲墨蹟 尺牘 南宋時代

重要文化財[編集]

(絵画)
  • 紙本著色法華経絵巻
  • 絹本著色清滝権現像
  • 紙本墨画竹林七賢図 六曲一双 雪村
  • 紙本淡彩山水図 横川景三
  • 紙本墨画山水図
  • 絹本著色豊臣秀吉像 慶長三年八月日賛
  • 紙本金地銀泥四季草花図下絵和歌巻 書:本阿弥光悦、下絵:俵屋宗達
  • 紙本著色躑躅図 尾形光琳
  • 紙本墨画竹林山水図
(古筆・典籍)
(墨蹟)
(日本陶磁)
  • 古備前火襷水指
  • 古伊賀花生 からたち
  • 志野芦絵水指 古岸
  • 楽焼赤茶碗 雪峯 本阿弥光悦
(中国・朝鮮陶磁
  • 金襴手六角瓢形花生
  • 金襴手六角瓢形花生
  • 唐物肩衝茶入(からものかたつきちゃいれ)(油屋) 附:袋、四方盆、象牙蓋等付属品
  • 染付龍濤文大瓶 明時代、景徳鎮窯
  • 井戸茶碗(細川)
  • 柿蔕茶碗(かきのへたちゃわん)(毘沙門堂)
(漆工)
  • 蓬莱山蒔絵櫛箱
  • 菊枝蒔絵手箱

利用情報[編集]

  • 住所:東京都港区白金台2丁目20番12号
  • 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線白金台駅下車、徒歩10分
  • 都営地下鉄浅草線高輪台駅下車、徒歩5分
  • 開館時間 4月~9月は10:00-17:00、10月~3月は10:00-16:30
  • 休館日 月曜日(祝日の場合は開館し翌火曜日が休み)、展示替え期間、年末年始

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度37分56.3秒 東経139度43分36.8秒 / 北緯35.632306度 東経139.726889度 / 35.632306; 139.726889