畜産学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

畜産学(ちくさんがく、英語:animal science, zootechnical science)とは、動物の畜産利用に関わる研究を中心とした学問分野である。本来、畜産業への対応を重視した学問であったが、近年では動物生命科学全般への貢献も進んでおり、大学では畜産科学、応用動物科学、動物生産科学などという呼び方をするところが多くなっている。また畜産関連だけではなく、野生動物の生態や保全、もしくは伴侶動物(愛玩動物)との共存についても触れている大学がある。

諸分野は大きく分けて以下のようなものがある。

動物生産分野
家畜の生産そのものに関わる分野。
家畜育種学(応用動物遺伝学)、家畜繁殖学(動物生殖科学)、家畜生産生理学(動物生産生理学)、家畜飼料学、家畜栄養学(家畜飼養学)、家畜管理学、家畜衛生学など。
飼料生産分野
家畜の食べる飼料に関する分野。生態学とも関連する。
飼料生産学、草地学など。
畜産物利用、加工分野
家畜から畜産物を作り出す過程、技術などに関する分野。
畜産原料学、畜産物利用学など。
人間との共生に関する分野
家畜文化史、家畜福祉論。
経営学、経済学分野
畜産経営学、畜産流通学。
環境分野
畜産環境学
畜産農家と近隣住民との間で問題となる悪臭や、糞尿による地下水汚染、反芻家畜(反芻動物)の反芻胃(はんすうい;ルーメン)から排出される温室効果ガスメタン亜酸化窒素など、現在の畜産業が抱える環境問題の解決に関する分野。