留守邦寧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊達 邦寧 / 留守 邦寧
時代 幕末
生誕 天保元年3月15日1830年4月7日
死没 明治7年(1874年11月22日
改名 伊達景道→伊達邦寧→留守邦寧
別名 福松、将監、将一郎
墓所 大安寺(岩手県奥州市
主君 伊達慶邦宗基
仙台藩
氏族 水沢伊達氏
父母 父:伊達宗衡、母:以与子(中村義景の娘)
兄弟 邦命邦寧
基治、景福

伊達 邦寧(だて くにやす) / 留守 邦寧(るす くにやす)は、幕末仙台藩一門第三席・水沢伊達氏第13代(留守氏第30代)当主。

生涯[編集]

天保元年(1830年)3月15日、水沢伊達氏第11代当主・伊達宗衡の五男として水沢に生まれる。幼名は福松

天保14年(1843年)、元服景道と名乗る。慶応元年(1865年)兄・邦命の死去により家督知行1万6000石を相続し、水沢邑主となる。

慶応4年(1868年戊辰戦争の際には、藩主慶邦の代理として白河口に出陣する。戦局の不利により藩論が恭順に傾くと、藩主の命で、降伏の正使となる。敗戦により、本藩が62万石からを28万石に減封され、邦寧も水沢領を失う。隠居した慶邦に代わり新藩主となった宗基の後見を務めた。

明治2年(1869年)仙台藩少参事。同年、胆沢県大参事となった安場保和に県庁給仕の人選を依頼され、旧臣の子弟片桐清治、斎藤実後藤新平を推挙した。[1]安場の引き立てを受け、斎藤、後藤は栄達することとなった。明治4年(1871年)8月国幣社宮司、10月権少教正。明治7年(1874年)11月22日東京で死去。享年52。

参考文献[編集]

  • 『留守系譜』
  • 『水沢町誌』

 

脚注[編集]

  1. ^ 片桐清治は、留守家の援助で同志社大学に進学後、牧師となる。斎藤実は、後に内閣総理大臣子爵。後藤新平は、邦寧の元小姓。後に南満州鉄道初代総裁、外務大臣伯爵