町立中標津病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 町立中標津病院
Hokkaido Nakashibetsu municipality Hospital.jpg
情報
英語名称 Nakashibetsu Town Hospital
標榜診療科 内科、循環器科、小児科、精神科、外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数 199床
一般病床:180床
療養病床:19床
職員数 243
開設者 中標津町長
管理者 長渕英介(院長)
地方公営企業法 全部適用
所在地
086-1110
北海道標津郡中標津町西10条南9丁目1番地1
位置 北緯43度32分12秒
東経144度58分20秒
二次医療圏 根室
PJ 医療機関
テンプレートを表示

町立中標津病院(ちょうりつなかしべつびょういん)は、北海道標津郡中標津町にある、中標津町が運営する公立病院道東東部の中核的な医療機関のひとつである。

施設[編集]

  • 敷地面積 - 34,947.93m²

沿革[編集]

  • 1944年昭和19年)8月 北海道農業会(現在のJA北海道厚生連)が標津村(現在の中標津町域)に北海道農業会中標津厚生病院を開院
  • 1947年(昭和22年)12月 北海道農業会が計根別厚生診療所を開所
  • 1948年(昭和23年)8月 北海道農業会中標津厚生病院を中標津厚生病院と改称
  • 1950年(昭和25年)12月 中標津町がJA北海道厚生連から計根別厚生診療所を買収
  • 1953年(昭和28年)10月 中標津町が中標津国民健康保険中標津診療所を開所
  • 1954年(昭和29年)4月 中標津町がJA北海道厚生連から中標津厚生病院を買収した。同月、中標津国民健康保険中標津診療所を中標津町国民健康保険中標津診療所に改称。
  • 1955年(昭和30年)10月 国保中標津診療所を中標津町国民健康保険中標津病院に改称
  • 1961年(昭和36年)4月 国保計根別診療所を国保中標津病院計根別分院に改組
  • 1967年(昭和42年)11月 国保中標津病院を東七条北に移転
  • 1968年(昭和43年)3月 国保中標津病院を中標津町立中標津病院に改組、現名称となる
  • 1970年(昭和45年)12月 北海道より地域センター病院の指定を受ける
  • 1971年(昭和46年)12月 歯科を開設
  • 1976年(昭和51年)8月 中標津町立歯科診療所に歯科を移管
  • 1979年(昭和54年)9月 北海道より救急告示病院の指定を受ける
  • 1980年(昭和55年)1月 計根別分院を休止
  • 1994年平成6年)4月 施設の老朽化に伴い現所在地へ新築移転
  • 2010年(平成22年)7月 ドクターヘリ用のヘリポートが整備される

診療科目[編集]

指定・認定[編集]

  • 保険医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・精神通院医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 精神保健指定医の配置されている医療機関
  • 第二次救急指定病院
  • 地域センター病院
  • へき地医療拠点病院

その他[編集]

  • 5階に入院患者の為の入浴施設(展望浴室)があり、温泉と真湯になっている。

交通アクセス[編集]

外部リンク[編集]