男女共用トイレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

男女共用トイレ(だんじょきょうようトイレ)あるいはユニセックストイレあるいはジェンダーフリートイレとは、性別に関係なく利用できるトイレである。単に案内表示の色を同色にしただけのものを指してジェンダーフリートイレと呼ぶことがあるが[1]、これは男女共用トイレではない。

ヨーテボリ大学構内の男女共用トイレ
日本の店舗等でよく見られる男女共用和式トイレ
一個室に小便器和式便器が併設された男女共用トイレ


障害者と介助者や親と子で性別の違う場合、とくにおむつ替えをしたいのにそのための設備が女子トイレにしかない男親、あるいは男子個室トイレががら空きであるのに長蛇の列ができる女子トイレといった問題が、性差で分けられたトイレにはあった。

また、全裸となる公衆浴場や銭湯や温泉ほどではないが、性的少数者などは、戸籍上の性別による区分の空間へ入ることは身の危険や違和感を覚えることがあり、かといって戸籍上の性別とは異なる区分へ入ることにも問題があって、欧米では裁判所などの判決などをあおいでおく場合もあった。[2]また日本においては、平成15年の性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律によって生物学的に明らかな性別とは別の性別を社会的に選択する道が開かれているが、それはあくまで男女どちらかの性を選ばせるものでしかない。[3]


単に敷地面積の節約から家庭用のようなトイレをひとつだけ男女共用のものとして供している場合も少なくない。とくに車椅子利用者等の身体障害者向けの設備や、オストメイトのためのシャワー設備などを整えた個室を、男女共用トイレとして提供している公共施設は少なくない。

日本[編集]

大規模の店舗の便所では男女各々の性別専用便所が設置されているのが通常であるが、個人商店等の小規模店舗の便所では単に敷地面積の節約から家庭用のようなトイレをひとつだけ男女共用のものとして供している場合も少なくない。

また敷地面積の関係で男性用小便器がある他に女性用と男性の大便を兼用とした洋式大便器和式大便器がある男女共用トイレも多い。

ホテル旅館宿泊施設の各部屋にある客室のトイレにおいても同様に、男女共用として洋式大便器和式大便器を一段(20〜30cmほど)高くした床に設置し、便器後部を段違い部に張り出させて男子小用を兼ねる和風両用便器を1基のみを設置したトイレが殆どとなっている。。他にユニットバス式のトイレになっている事も多い。これらの客室の個別の男女共用トイレを敬遠する宿泊客の為に各フロアーに男女各々の性別専用のトイレが設置された宿泊施設も多い。

欧米[編集]

現状としては、存在してはいるが、極めて稀なままであり、あってもしばしば物議をもたらす段階にある。[4]とくにアムネスティ・インターナショナルは女子生徒保護の観点からトイレを男女別に分けることを推進していて、セクシャルマイノリティへの言及はない。[5]

タイ[編集]

2008年、タイ北東部の生徒数2600名の学校では200人以上のセクシャルマイノリティの生徒のために専用のトイレを用意したことを明らかにし、それは中等学校としてはタイにおいても初めてのことであった。大学については、2003年に学生数1500人の工科大学において15名の性転換学生のために専用のトイレを整えている。[6]


外部リンク[編集]

文献[編集]

  1. ^ . http://momotarou100.iza.ne.jp/blog/entry/133652/ 
  2. ^ Why Trans-gendered People Need Human Rights (Herizons: Fall 2001)
  3. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律 e-Gov
  4. ^ Devine, Shannon (2004年3月11日). “Inclusive toilets”. 36. McGill University. http://www.mcgill.ca/reporter/36/12/transgender/ 2010年12月23日閲覧。 
  5. ^ . http://www.amnesty.org/en/library/asset/ACT77/023/2007/en/3a9a5645-a2ac-11dc-8d74-6f45f39984e5/act770232007en.html 
  6. ^ . http://www.guardian.co.uk/world/2008/jun/18/thailand.gender 

関連項目[編集]