申京淑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
申京淑
誕生 1963年1月12日(51歳)[1]
韓国の旗 韓国全羅北道(チョルラブクト)井邑(チョンウプ)[1]
職業 小説家[1]
言語 韓国語
活動期間 1985年[1] -
ジャンル 小説
処女作 겨울우화 (冬の寓話)」[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
申京淑
各種表記
ハングル 신경숙[2]
漢字 申京淑[3]
発音: シン・ギョンスク[4]
テンプレートを表示

申京淑(シン・ギョンスク、1963年1月12日 - )、は韓国小説家。作中人物を通して人間の内面を洞察する申は独特の文体を創り出し、1990年代を代表する女性作家として韓国文壇での支持を得ている。

略歴[編集]

 申京淑は全羅北道井邑市に五人兄弟の長女として生まれる。家は貧しく、兄弟も多かったため、申は高校進学を断念せざるを得なかった。職業訓練院で技術を身につけるため母方の従姉とともにソウルへ上京する。申京淑は女工として働きながら夜間学校である永登浦女子高校産業体特別学級に入学、勉強を続けた。永登浦女子高校を卒業後、ソウル芸術専門大学文芸創作科に入学、作家としての修練を積む。

 ソウル芸術専門大学を卒業して1年後の1985年文芸中央主催の新人文学賞に『겨울우화 (冬の寓話)』が入選、文壇デビューをする。第2作目の『풍금이 있던 자리 (オルガンのあった場所)』(1993年)がヒットし、人気作家としての地位を確立、その後の作品は常に数十万部数のベストセラーとなっている。

 申京淑の作品の人気は、その緻密な構成と観察力にある。作中人物の内的心理を深く探求する手法が独特の文体を生み出している。1990年代頃より文壇で活躍し出した女性作家達のリーダー的存在とも言える。彼女は、1993年韓国日報文学賞を受賞したのを皮切りに東仁文学賞現代文学賞李箱文学賞等、数多くの文学賞を受賞している。その作品は日本にも紹介され、女性から支持を得ているほか、津島佑子との共作『山のある家井戸のある家』を発表するなど、日本人作家との交流もある。

年譜[編集]

  • 1963年1月12日 全羅北道井邑市に生まれる。
  • 1979年 永登浦女子高校産業体特別学級に入学。
  • 1982年 永登浦女子高校を卒業。
  • 1982年 ソウル芸術専門大学に入学。
  • 1984年 ソウル芸術専門大学を卒業。
  • 1985年 『冬の寓話』で文壇にデビュー。
  • 1999年 文芸評論家、ナム・チヌ(남진우)と結婚。

受賞歴[編集]

代表作品[編集]

  • 1990年 『冬の寓話(겨울우화)』
  • 1993年 풍금이 있던 자리
  • 1994年 깊은 슬픔
  • 1995年 외딴방
  • 1996年 오래 전 집을 떠날 때
  • 1998年 강물이 될 때까지
  • 1999年 기차는 7시에 떠나네
  • 2000年 딸기밭
  • 2001年 바이올렛
  • 2002年 J이야기
  • 2003年 종소리
  • 2004年 아름다운 그늘
  • 2005年 감자 먹는 사람들
  • 2006年 깊은 슬픔
  • 2007年 리진
  • 2009年 『母をお願い(엄마를 부탁해)』

日本語で読める作品[編集]

  • 岸井紀子訳「バドミントンをする女」『冬の幻‐韓国女性作家短篇集』朝日カルチャーセンター図書出版室、1995年
  • 岸井紀子訳「よりそう灯り」『現代韓国短篇選』岩波書店、2002年
  • 李裕淑訳「浮石寺へ」『韓国現代中・短編小説選』素人社、2005年
  • 安宇植訳『離れ部屋』集英社、2005年
  • きむふな訳『山のある家井戸のある家―東京ソウル往復書簡』集英社、2007年
  • 安宇植訳「いま、私たちの隣りに誰がいるのか」『いま、私たちの隣りに誰がいるのか―Korean Short Stories』作品社、2007年
  • 安宇植訳『母をお願い』集英社、2011年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年9月12日閲覧。
  2. ^ 韓国文学翻訳院文人DB「申京淑」 (한국문학번역원 문인DB 신경숙)
  3. ^ 신경숙 (シン・ギョンスク) chosun.com 포커스 인물 (フォーカス 人物)(韓国語) 2011年9月12日閲覧。
  4. ^ 資料検索(標準) 著者名「申京淑」を「典拠検索」 東京都立図書館 2011年9月23日閲覧。