甲斐よしひろ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
甲斐よしひろ
基本情報
出生名 甲斐 祥弘
出生 1953年4月7日(61歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
血液型 B型
ジャンル ロックJ-POP
職業 ロックミュージシャン
担当楽器 ボーカル
ギター
ハーモニカ
活動期間 1974年 - (甲斐バンド
1978年1987年 - (ソロ)
1991年 - 1994年KAI FIVE
レーベル bloom label2011年 - )(過去のレーベル
事務所 甲斐オフィス
共同作業者 甲斐バンド
KAI FIVE
松藤X甲斐
公式サイト http://kaisurf.com/

甲斐 よしひろ(かい よしひろ、男性、1953年4月7日 - )は、ロックミュージシャン。本名、甲斐 祥弘(読み同じ)。 福岡県出身。所属事務所は、自身で設立した甲斐オフィス

妻は、元女優の竹田かほり。次女は、シンガーソングライターの甲斐名都

略歴[編集]

出生〜甲斐バンド結成[編集]

  • 1953年4月7日、福岡県福岡市中央区柳橋(現:清川)の自宅にて、4人兄弟の四男として生まれる。地元では裕福で知られる理髪店であった。
  • 1958年6月、福岡市南区大橋に転居。父親が借金の保証人になっていた為の夜逃げ同然であり、直後に父親が蒸発してしまい生活保護を受ける等、しばらく極貧の生活を送る事となる。
  • 1960年4月、福岡市立三宅小学校入学。
  • 1966年4月、福岡市立三宅中学校入学。
  • 1969年4月、福岡市立福岡商業高等学校(現:福岡市立福翔高等学校)入学。高校時代から本格的に音楽活動を始める。
  • 1970年、同級生らと、3人組のカントリーバンド「ノーマン・ホイットフィールド」結成。地元のラジオ番組やライブ喫茶・照和に出演する。
  • 1972年4月に某大手旅行代理店に就職するが、サラリーマン生活が性に合わず、4ヶ月で退職。その直後、高校時代より歌っていた照和に、ウエイター兼ソロ・シンガーとして出戻る。
  • 1973年、福岡・少年文化会館(現:福岡市立少年科学文化会館)にて、ホールでの初のワンマンコンサート開催。福岡アマチュアとしては当時最高の900人を動員。
  • 同年、『恋時雨』で、「ポプコン」九州大会最優秀楽曲賞獲得も、全国大会は出場辞退(受賞曲のヤマハへの版権委託条項を拒否したため)。
  • 1974年3月28日、『ポップコーンをほおばって』で、「第3回ハッピー・フォーク・コンテスト」全国大会(文化放送主催、会場:中野サンプラザ)優勝。
  • 同年5月、大森信和長岡和弘松藤英男と共に甲斐バンドを結成。

プロデビュー〜甲斐バンド解散[編集]

第一期ソロ〜KAI FIVE結成[編集]

  • 1986年11月12日、甲斐がプロデュースした中島みゆきのアルバム『36.5℃』が発売。
  • 1986年12月20,21日、明治神宮球場で行なわれた「JAPAN AID 1st」に出演し、ソロ活動を開始。当時の新曲『イエロー・キャブ』と『冷血(コールド・ブラッド)』(ピーター・ガブリエル、ノナ・ヘンドリックスがコーラスで共演)を披露。
  • 1987年、オリジナル・1stソロアルバム、『ストレート・ライフ』発売。続いて、アルバム・ツアー『STRAIGHT LIFE TOUR KAI YOSHIHIRO & PROJECT K』(4月30日習志野文化ホール - 10月11日群馬県民会館、44会場48公演)を開催し、ツアー中盤折り返し点に日本武道館3Days(6/29,30,7/1)を行う。12月9,10日にも、"―& PROJECT K"名義で、日本武道館2Days『‐IN BUDOKAN 1987‐』を開催(11月29日 - 12月10日に行われた『STRAIGHT LIFE TOUR SPECIAL』〔3会場5公演〕の一環)。また11月には、甲斐バンドの12thアルバム『REPEAT & FADE』を大幅に編集し直した『コンプリート REPEAT & FADE』を、"甲斐よしひろ with 甲斐バンド"名義にて発表。
  • 1988年2月25日、甲斐が作曲した中島みゆきのシングル『仮面』が発売。
  • 同年3月5日、「田中一郎 and 甲斐よしひろ」名義でシングル盤『あり、か』(作詞・作曲:中島みゆき)発売。
  • 同年4月29日、田中一郎のファースト・アルバム『IN』(甲斐よしひろと一郎の共同プロデュース作品)が発売。
  • 同年5月23日名古屋、26日日清パワーステーションにおける田中一郎のライブにゲスト出演。アンコール後に登場し、「あり、か」「0℃の誘惑」「悲しき愛奴(サーファー)」の3曲を共演する。
  • 1988年12月13 - 28日、コンサート・ツアー『TRANCE EXPRESS TOUR '88 KAI YOSHIHIRO & PROJECT K』(当初9月には『I.L.Y.M. NIGHT』と称していた)を開催。名古屋・大阪・東京で3会場11公演(そのうち東京・MZA有明においては、12/17,18,23 - 25,27,28日の7公演)を行う。
  • 1989年2月22日、オリジナル・2ndソロアルバム『カオス』発売。そして、アルバム・ツアー『TRANCE EXPRESS TOUR '89 KAI YOSHIHIRO & PROJECT K』を開催(3月1日 - 7月12日、36会場42公演、6月に1ヶ月かけて東京の会場〔汐留PIT、NHKホール東京厚生年金会館〕で5Days行われた『TOKYO SPECIAL 5DAYS』を含む)。12月15日には日本武道館にて『RED SYMPATHY NIGHT』を開催。
  • 1990年、横浜・本牧アポロシアターや日清パワーステーションにおいて、『A・G・LIVE』・『Funk Up Night』など、実験的なコンサートを展開。合間にオリジナル・3rdソロアルバム、『エゴイスト』を発表し、アルバム・ツアー『the egoist 1990』(5月21日 - 7月15日、14会場14公演)を開催。12月14日には『SPECIAL GIG/インスタント・カーマ'90』と題したライブを、東京ベイNKホールにて行う(同月17日大阪、25日名古屋でも開催)。また、12月21,22日に東京ドームで行われたジョン・レノン生誕50周年コンサート「GREENING OF THE WORLD/G.O.W.」に出演(単独では「翼あるもの」「Oh My Love」の2曲を披露)。
  • 1991年、初のソロ・ライブアルバム、『ダブル・イニシアチブ』を発売。本作は、90年10月に2Daysで開催された『ダブル・イニシアチブ』ライブでの模様を中心に収録されている。
  • 1991年6月 - 1994年7月まで、KAI FIVE として活動。
  • 1993年4月10日、福岡ドームのこけら落とし『ドリームライブ in 福岡ドーム』に、福岡出身のBIG4(他に井上陽水財津和夫武田鉄矢)の1人として、「甲斐よしひろand KAI FIVE」名にて出演。

第二期ソロ〜デビュー25周年[編集]

  • 1994年、レコード会社をポニーキャニオンへ移籍。4年ぶりのオリジナル・ソロ4thアルバム、『太陽は死んじゃいない』を発表。12〜1月には、翌年のデビュー21周年記念イベントのプレステージとしての『21st anniversary special event Singer』を開催(埼玉・三郷、名古屋、大阪の3会場3公演)。
  • 1995年1月14日、デビュー21周年記念として、日本武道館での『21st.anniversary special event/Singer』を開催。ゲストとして松藤英男と田中一郎が登場(大森信和は急病で欠席)し、久々に同じステージに立った。3月8日には、日本武道館での阪神大震災被災者支援コンサート「March of the Music」に出演。また2001年までに、計5回開催された日清パワーステーションでの実験的ライヴ、『ROCKUMENT』(5回目のみSHIBUYA-AX他にて開催)がスタート。そして、初のソロ名義ベスト盤『少年の蒼(KAI YOSHIHIRO Best Selection)』も発表。
  • 同年、レコード会社を、再び古巣東芝EMIへ移籍。
  • 1996年、2年ぶりのオリジナル・5thソロアルバム、『GUTS』を発表。アルバム・ツアー『Welcome to the "GUTS FOR LOVE" Tour』を開催。
  • 同年、甲斐バンドを期間限定で再結成。セルフカバー・アルバム『Big Night』と新曲『ティーンエイジ・ラスト』を発表。コンサート・ツアーも開催。
  • 1997年、オリジナル・6thソロアルバム、『PARTNER』を発表。アルバム・ツアー『THE PARTNER TOUR 1997』を開催。
  • 1998年5月4日、この年より始まった「MUSIC DAY」(会場:渋谷ON AIR EAST)に出演(アンコールで仲井戸麗市セッションで共演)。
  • 同年6月20日(の23:30開場)、『“MIDNIGHT・UNPLUGGEDER”』と題する深夜0時開始のライブを日清パワーステーション(10日後の6月30日をもって閉店)にて開催。(ゲストにEAST ENDGAKU-MCが出演、終演は午前4時頃であった)
  • 同年、レコード会社をSMEJ Associated Recordsへ移籍。小室哲哉プロデュースにより、9月を皮切りにシングル3枚を発売。
  • 同年12月25日渋谷公会堂、28日Zepp Osakaにて、スペシャル・ライブ『1998 Holy night I need your kiss』開催。
  • 1999年3月、音楽活動25周年記念として、甲斐よしひろ全告白集『か・さ・ぶ・た』をワニブックスより刊行。
  • 同年6月、Zeppでのライブツアー『Highway 25 “UP”』(5会場5公演、名古屋のみクラブ・ダイアモンドホール)開催。
  • 同年8月25日、デビュー25周年記念のCDボックス、『HIGHWAY 25』を発売。同時に公式ウェブサイト「KAI WEB」を開設(このサイトはソニー・ミュージックエンタテインメント運営のため、契約終了と同時にコンテンツが移設され、現在の「KAI SURF」となっている)。
  • 同年11月13日新高輪プリンスホテル・大宴会場「飛天の間」にて、デビュー25周年を記念したライブ『Golden Thunder Review HIGHWAY 25 Standing in 飛天』を開催。多彩なゲストを招いたこのライヴでは甲斐バンドのメンバー全員も出演し、活動を再開することも伝えられた。

甲斐バンド活動再開〜デビュー30周年[編集]

  • 1999年 - 2001年、甲斐バンドの活動を再開させる。シングル3部作と、15年ぶりのオリジナル・アルバム『夏の轍』を発表。コンサート・ツアーも開催。
  • 2000年、ギター1本でのツアー、『一人きりの甲斐よしひろ My name is KAI』を開催。
  • 2001年、2ndソロ・ライブアルバム『月の裏側』と3rdソロ・ライブアルバム『雫の反射』を、2ヶ月連続で発表。本作は、『一人きりの甲斐よしひろ My name is KAI』の模様を収録し、メジャーレコード会社からの発売ではなく、初のインディーズ盤(発売元は所属事務所内のレーベル)となった。
  • 同年10月、文化放送『セイ!ヤング』の復活版、『セイ!ヤング21』の金曜パーソナリティーを務め、引き続き翌年から『甲斐よしひろのセイ!ヤング21』として放送開始。
  • 2002年、初のDVD-BOX、『KAI ROCKUMENT BOX』を発売(このDVD-BOXは東芝EMIから発表されているが、この年のみレコード会社をオーマガトキに移籍している)。そして、自身の活動を3期に区切ってセットリストを組んだ、シリーズライブ『Series of Dreams Tour Vol.1-3』を2004年まで開催。
  • 2003年、レコード会社を、ユニバーサルミュージックへ移籍。25年ぶりのカバーアルバム、『翼あるもの2』発売。また、甲斐バンドのドラマー松藤英男とユニットを組んだ、「松藤X甲斐」としても活動。
  • 2004年8月25日、デビュー30周年を記念してトリビュートアルバム、『グッド・フェローズ』発売。9月8日には7年ぶりのオリジナル・7thソロアルバム、『アタタカイ・ハート』も発表し、コンサート・ツアー『PARTY 30 KAI 30th ANNIVERSARY TOUR XXX』を開催(9月10日 - 10月11日、8会場8公演)。
  • 同年11月6日、『PARTY 30 in 日本武道館』において、DA PUMP大黒摩季大友康平山口智充m.c.A・Tらゲスト・アーティストを迎え、デビュー30周年ツアーの最後を締め括った。

第三期ソロ〜甲斐バンド再結成[編集]

  • 2005年アコースティック・ライブ・ツアー『アコギなPARTY 30』を開催(2月25日 - 6月2日、17会場17公演)。
  • 同年9月、クラシック・ライブ『Classic Kai』を大阪・名古屋・東京で開催。
  • 2006年、『ROLLING CIRCUS REVUE KAI YOSHIHIRO TOUR 2006』開催(2月3日 - 3月10日、5会場13公演)。
  • 同年5月、KAI DVD-BOX第二弾、『KAI DVD-BOXII』を発売。
  • 同年8月19日、『ライジング・サン・ロックフェスティバル2006 in EZO』2日目に出演(甲斐よしひろ&ROLLING CIRCUS REVUE BAND名義)。SUN STAGE 17:30-18:30の回にて、10曲を披露。
  • 同年秋、アコースティック・ライブ・ツアー『aco-gi na KILLER GIG 2006』を開催(9月16日 - 12月3日、15会場16公演)。
  • 2007年、レコード会社を、日本クラウンへ移籍。『翼あるもの』シリーズとはコンセプトを変えて発表された、4年ぶりのカバーアルバム、『10 Stories』発売。アルバム・ツアー『20 STORIES TOUR 2007 SPRING・AUTUMN』を開催(4月7日 - 5月18日、7会場11公演および10月6日 - 11月18日、9会場9公演。なおAUTUMNは、アコースティックライブ)。
  • 同年5月4日、10周年を迎えた『MUSIC DAY 2007 at SHIBUYA-AX』にて、メインステージで「甲斐よしひろ×押尾コータロー×井上堯之バンド」と銘打つ一夜限りのコラボレーションライブを行う。
  • 同年12月12日、甲斐バンドのアルバム17タイトルの紙ジャケット復刻盤(EMIミュージックジャパン)発売を記念し、大森信和の死後初めて、スペシャルライヴイベントとして甲斐バンドを一夜限りで復活させる(品川プリンス ステラボール、なお、チケットは10分で完売)。
  • 2008年2月20日、『10 Stories』続編となるカバーアルバム、『TEN STORIES 2』を発表。4月より、アルバム・ツアー『Tour of "TEN STORIES 2" 2008』を開催(4月11日 - 5月11日、7会場7公演)。
  • 同年11月、自伝『九州少年』を、ランダムハウス講談社より刊行(2006年2月14日-4月28日に、西日本新聞にて連載されたものを加筆修正、新規原稿を加え再構成したもの)。
  • 2008年 - 2009年、甲斐バンドとしてツアーを施行。

デビュー35周年〜現在[編集]

  • 2009年2月、日刊スポーツ出版社より、『画面の告白』(「日刊スポーツ」・「週刊宝石」に連載されたテレビと映画に関するエッセイ集)発刊。
  • 同年7月18日、『ap bank fes '09』初日に出演。櫻井和寿及びBank Bandとステージ初共演し、漂泊者(アウトロー)、翼あるもの、破れたハートを売り物に、HERO(ヒーローになる時、それは今)〔演奏順〕の4曲を披露。
  • 2009年 - 、再び甲斐バンドとして活動再開。バンドとしては8年、ソロとしても5年ぶりのオリジナル・アルバム『目線を上げろ』を発表し、コンサート・ツアーを開催。以降、ソロ活動と並行して活動がなされている。
  • 2010年11月、KAI DVD-BOX第三弾、『KAI DVD-BOXIII』発売。
  • 2011年5月東日本大震災の被災者支援のためにセルフカバーされた、『光あるうちに行け 2011』を配信。この楽曲の収入は、全額被災者支援のために寄付された(後述の2011年に開催されたツアーでの会場募金と合算して、計124万円を最終的に寄付)。
  • 同年6月 - 7月、ツインリードギター/キーボードレスという編成で組まれた、3年ぶりのソロ・ツアー『甲斐よしひろ 2011 愛のろくでなしツアー』を、11会場14公演で開催。会場限定で、ニューアルバム『ホームカミング』が先行発売(緊急発売のため、先行盤には歌詞カードやジャケットが無く、またシークレットトラック曲も入っていない)。
  • 同年10月1日『MUSIC CITY TENJIN 2011』(出演会場:ドコモステージ〔福岡市役所西側ふれあい広場〕)と、9日石巻専修大学大学祭『2011石鳳祭』に出演(どちらもアコースティック・ライブで、田中一郎松藤英男が参加。石鳳祭ではラスト曲に甲斐名都も登場した)。また同月、アルバム『ホームカミング KAI BOOTLEG SERIES Vol.1』を発表。本作は、メジャーレコード会社からの発売ではなく、所属事務所内に設立された独自レーベル『bloom label』からの発売となった。
  • 同年11月3日東京・5日大阪で、アルバム『ホームカミング』発売を記念したインストアイベントを、タワーレコードにて開催。
  • 2012年2月 - 3月押尾コータローをゲストミュージシャンに迎え、6会場6公演の日程で、コンサート・ツアー『MY NAME IS KAI II 2012 "MEETS" 甲斐よしひろ×押尾コータロー』を開催。続いて3月31日には、『MY NAME IS KAI II Premium Night』と題して、福岡県飯塚市嘉穂劇場にて、甲斐のみでプレミアムナイトを開催、ゲストミュージシャンにキーボードの上綱克彦が参加。
  • 同年4月23日放送のTBS系ドラマ「猫弁〜死体の身代金〜」において、自身初となる、ドラマ挿入歌の音楽監修を担当。
  • 同年4月28日 - 5月6日新国立劇場(中劇場)にて行なわれた『PLATINUM LIVE 2012』において、初日を甲斐が担当。『MY NAME IS KAI II Premium Night』と同じ形式で開催(但しゲストに上綱に加え、チェロの結城貴弘が参加)。
  • 同年6月、4会場(全てZepp)5公演の日程で、コンサート・ツアー『甲斐よしひろ 2012 愛のろくでなしツアー2』を開催。
  • 2013年、デビュー40周年EVEとして甲斐バンドのリメイクベストの発売とコンサートツアーを発表。
  • 同年4月7日、自身の還暦を記念してバースデイライブ『Rolling Birthday 60』をTOKYO DOME CITY HALL(旧:JCBホール)にて、甲斐バンドとして開催。
  • 同年9月 - 11月、2012年に開催されたコンサート・ツアー『MY NAME IS KAI II 2012 "MEETS" 甲斐よしひろ×押尾コータロー』のアンコールツアーとして、再び押尾コータローをゲストミュージシャンに迎え、14カ所15公演(追加公演含む)にて『MY NAME IS KAI III 2013 "MEETS AGAIN" KAI YOSHIHIRO×KOTARO OSHIO』を開催。また、11月27日には『MY NAME IS KAI III 2013 "MEETS AGAIN" SPECIAL at Billboad Live TOKYO』の追加公演を2回公演にわけて開催。
  • 2014年、デビュー40周年。甲斐バンドとしての活動を中心に、40周年を記念したKAI DVD-BOXシリーズ第4弾『KAI 40年 KAI DVD-BOXⅣ』を発表。
  • 同年10月、テレビ東京系「新・刑事吉永誠一」の主題歌に甲斐バンドの新曲「Blood in the Street」が起用され、友人で甲斐バンドのファンでもある主演俳優、船越英一郎や同局からのオファーにより、第2話に出演。61歳にして俳優デビューを果たす。

所属レーベルの変遷[編集]

エピソード[編集]

人物像[編集]

  • ソロになって以降、サングラスをかけている。テレビ出演があるとほぼ毎回かけており、ライブ時もかけているが、ラジオでサングラスを外すタイミングは、ギターを使い始める『氷のくちびる』だと言っている。
  • 左利き。ギターを弾くときは右用ギターを左手に持ち替え、しゃくり上げるように演奏する(弦の張り方は右のままなので逆弦で弾いていることになる)。ギターを弾き始めたとき、タブ譜を逆さまにして覚え、ある程度曲が弾けるようになったが兄に指摘され、左利き用ギターが存在することに気がついたという。
  • 大のテレビ好き。特にお笑いが好きで、新聞のラテ欄を毎朝30分かけてチェックするという。また、ダウンタウン浜田雅功が司会の番組で、若手のお笑い芸人が甲斐に向けてネタを披露する企画があった時、次長課長河本準一が若手の一人として出演していた。その場で番組スタッフらが、河本が甲斐に似ているということで、河本が「甲斐よしひろです!」というモノマネでネタを披露させたことがあった。甲斐はそれに対し「似てねえよ、お前!」というコメントをしたという。
  • テレビの出演は少ないものの、前述にある通りお笑い好きのため、比較的お笑い番組に出演する姿を見られる。かつて「ダウンタウンのごっつええ感じ」のロケ撮影中にたまたま遭遇。「あ!甲斐よしひろや!」とダウンタウンが瞬時に気づき、レンタルビデオ屋帰りという甲斐に「何をレンタルしたんですか?」と問うと「戦国自衛隊!」と即答。「今、戦国自衛隊を借りるかぁ!」とダウンタウンが爆笑するも、「いいじゃねぇか!テーマ曲が好きなんだよ!」と言い返した。
  • シンガー以外ではラジオのDJという一面を持つ。代表番組としてはNHKのサウンドストリート文化放送セイ!ヤングがある。現在のレギュラー番組はセイ!ヤングの復刻版の『甲斐よしひろのセイ!ヤング21』がある。
  • プライベートでは2度の結婚を経験。1982年に元女優の竹田かほりと結婚し、2女1男を授かる。
  • 非常に子煩悩であり、次女でシンガーの甲斐名都によると「門限の6時になっても帰らなかった時、警察に連絡されそうになったことがある」と語っている。

交友関係[編集]

  • 漫画家小林よしのりとは小・中・高校での幼なじみ。ただしクラスは一度も同じになったことがない。小林の紹介により、小林の同期漫画家である秋本治とも親交が深い。
  • シンガーソングライター中島みゆきとも交友があり、中島のアルバム『36.5℃』(1986年作品)には甲斐がプロデューサーとして参加している。また、中島がパーソナリティを務めていたラジオ番組「中島みゆきのオールナイトニッポン」で、甲斐のことが話題に上った時には、親しみと揶揄を込めて甲斐のお父さんと呼ばれていた。
  • 同じライブハウス出身(福岡の照和)で同年代でもある、ミュージシャンの長渕剛と一時期交友を深めた時期があり、お互いのラジオ番組にゲスト出演したりしていたが、その後は当時のような交友はないようである。
  • ミュージシャンの坂本龍一とは同時期にNHK-FMサウンドストリート」のDJを務めており(坂本が火曜日、甲斐が水曜日の担当)、収録後に飲みながら音楽談義に花を咲かせる機会も多かったという。音源上の共演は無いが、2003年のアルバム『翼あるもの2』において糸井重里作詞・坂本作曲の「雪列車」(オリジナル歌手は前川清)をカバーしている。
  • 浜田省吾とも交友がある。楽曲関連では、甲斐バンドの前座で浜田が歌っていた曲を甲斐が気に入り、浜田と飲んでる時に『「レコーディングをしないならオレにくれ」といってもらった』と当時雑誌のインタビューで話していた、1978年のカバーアルバム『翼あるもの』に収録されている『あばずれセブンティーン』や、レコーディングスタジオにたまたま居合わせた浜田にギター演奏を依頼した、1979年のシングル『安奈』がある。プライベートでは、彼の結婚式に参列しスピーチをしたことがあり、スピーチでは「結婚したらロックはできなくなる」と語ったという。それに対し浜田は「面白いことを言うヤツだな」と思ったという。このことは『陽のあたる場所 浜田省吾ストーリー』に記載されている。
  • 同じ福岡県出身ということで、大関力士の魁皇博之を応援するメッセージを、雑誌『相撲』に寄せたことがある。
  • 笑福亭鶴瓶とは、1978年に鶴瓶がパーソナリティを務めていた大阪のラジオ番組に、甲斐がゲストとして出演して以来の交友がある。
  • 桂文珍とも親交があり、甲斐本人も好きな落語家として挙げている。

逸話[編集]

  • 甲斐バンドとして売れていた頃は、バンド内で音楽性の食い違い等で揉め事を起こすよりも、外出時に第3者と揉め事を起こす事が多く、それをバンド仲間で年上でもある大森信和によく咎められていた。中でも有名なのが『大阪での危険な一夜』。これはライブ出演の為に甲斐バンドとして大阪に来ていた甲斐が、イライラしていたのか近くに駐車していたヤクザ所有のメルセデス・ベンツ車を蹴った事が原因で、その日の打ち上げの後に外へ出たところで仲間を連れたヤクザに待ち伏せされたが、幸いにも打ち上げに参加していた桂文珍と笑福亭鶴瓶らのお陰で何とか暴力沙汰は免れた。これについて大森は生前、「ホントにねぇ…鶴瓶さんと文珍さんがいなかったら…(僕達が)半殺しになってましたねぇ…」と当時の心境を語っていた。しかし、実際には文珍はヤクザの連中を見た途端にすぐ逃走したと、甲斐が証言している[2]
  • 甲斐バンドを解散する3年ほど前、一度解散を考えたことがあったという。アルバム『GOLD/黄金』をニューヨークでミックスしているとき、急に無気力におそわれ、何もかも止めたくなった。日本に戻り、いつでも解散を言い出す準備は出来ていたらしいが、野外イベント『THE BIG GIG』の準備をしている頃、甲斐バンドのメンバーの一人が子供の話をし始め、「子供がいるんだ。家族があるんだ」と思ったときに打ちのめされ、解散を思いとどまったという。

楽曲関連

  • 『翼あるもの』という楽曲で、放浪し記憶を失っていた少年が、病室で流されていたラジオから流れた『翼あるもの』を聴いて、記憶を取り戻したというエピソードがある。
  • 安奈』という楽曲は、たまたま立ち寄った函館のバーで1番の歌詞を思いつきコースターの裏に書き留め、2番の歌詞は渋谷のバーで思いついたという逸話があるが、1年経って同じ函館のバーに行くと、甲斐の隣に座っていた酔っ払った客が、いきなり安奈を歌い始めたという。その時のことを甲斐は、「歌手をしていて良かったと初めて思った瞬間」と述べている。[3]
  • 漂泊者(アウトロー)』という楽曲は、甲斐とその前妻が大喧嘩した日の夜に出来たという。その現場に居合わせたバンドのギタリスト大森信和は、「甲斐さんに「曲作りをしよう」と呼ばれてマンションを訪れてみると、前の奥さんと大喧嘩していた。それを止めに入り、その時は曲作りなんか出来るわけもなく、無駄話をして帰った。次の日のレコーディングの時、甲斐さんがつくってきた曲が『漂泊者(アウトロー)』だった。」と語っている。[4]
  • 破れたハートを売り物に』は、アルバム発売当時の音楽雑誌によるとタイトル曲だけで120時間、アルバム全体では24曲の録音に1100時間をかけ、その中から9曲が厳選されており、なかなか思い通りのサウンドに到達できず苦労した作品だという。そして次作『虜-TORIKO-』では、ミックスをニューヨークで行い『破れた〜』をリミックスした際、甲斐は泣いて喜んだという逸話がある。

ソロ・ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 形態 発売元
1st 1978年5月21日 グッド・ナイト・ベイビー EP ポリドール
2nd 1978年7月22日 マドモアゼル・ブルース EP
3rd 1987年4月6日 電光石火BABY EP 東芝EMI
4th 1987年7月22日 レイン EP
5th 1988年6月6日 I.L.Y.V.M. EP/CD
6th 1988年12月7日 ミッドナイト・プラスワン EP/CD
7th 1990年3月21日 スウィート・スムース・ステイトメント 12inch/CD
8th 1990年7月4日 NIGHT TRIPPER 12inch/CD
9th 1994年11月2日 渇いた街 CD ポニーキャニオン
10th 1995年11月22日 風吹く街角 CD 東芝EMI
11th 1996年2月28日 レディ・イブ CD
12th 1997年5月16日 LOVE is No.1 CD
13th 1998年9月9日 Tonight I need your kiss CD SMEJ Associated Records
14th 1998年10月21日 HEY! MONOCHROME CITY CD
15th 1998年12月2日 KI-RA-ME-I-TE CD
16th 2002年10月10日 牙/タスク CD オーマガトキ

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 順位 発売元
1st 1987年4月22日 ストレート・ライフ LP/CD 3位 東芝EMI
2nd 1989年2月22日 カオス LP/CD 7位
3rd 1990年5月23日 エゴイスト CD 6位
4th 1994年12月7日 太陽は死んじゃいない CD 42位 ポニーキャニオン
5th 1996年1月24日 GUTS CD 34位 東芝EMI
6th 1997年7月9日 PARTNER CD 37位
7th 2004年9月8日 アタタカイ・ハート CD 62位 ユニバーサルミュージック
2009年10月21日 目線を上げろ <甲斐バンド sometimes KAI YOSHIHIRO>[5] CD 24位 EMIミュージック・ジャパン

コンピレーション・アルバム[編集]

発売日 タイトル <クレジット> 形態 順位 発売元
カバー 1978年5月21日 翼あるもの LP/CD 27位 ポリドール
編集盤 1987年11月5日 コンプリート REPEAT & FADE <甲斐よしひろ with 甲斐バンド> LP/CD 18位 東芝EMI
ベスト 1995年11月22日 少年の蒼(KAI YOSHIHIRO Best Selection) CD 75位
BOX 1999年8月25日 HIGHWAY 25 CD-BOX 59位 Sony Records
ベスト 2000年12月6日 Singles II <甲斐バンド to 甲斐よしひろ> CD 東芝EMI
カバー 2003年10月22日 翼あるもの2 CD 70位 ユニバーサルミュージック
ベスト 2004年10月20日 ALIVE(KAI 30th Anniversary BEST) <甲斐バンド-甲斐よしひろ> CD 115位 東芝EMI
カバー 2007年2月4日 10 Stories CD 39位 日本クラウン
カバー 2008年2月20日 TEN STORIES 2 CD 40位

ライブ・アルバム[編集]

発売日 タイトル 形態 順位 発売元
1991年3月6日 ダブル・イニシアチブ CD 48位 東芝EMI
2001年4月1日 月の裏側 CD BEAT VISION/KAI OFFICE
2001年5月1日 雫の反射 CD

ブートレグ・シリーズ[編集]

発売日 タイトル 形態 順位 発売元
2011年10月5日 ホームカミング KAI BOOTLEG SERIES Vol.1 CD 73位 KAI OFFICE

配信限定[編集]

発売日 タイトル 種別 配信
2010年11月1日 Hero(ヒーロになる時、それは今)2010 Acoustic Version MP3ダウンロード amazon
2011年5月31日 光あるうちに行け 2011 着うたフル JOYSOUND
2011年10月5日 KAI YOSHIHIRO Rare Tracks in Zepp Tokyo 2011 MP3ダウンロード amazon
2012年1月10日 甲斐よしひろ2011 愛のろくでなしツアー MP3ダウンロード amazon

企画物[編集]

発売日 タイトル 概要 種別 発売元
1988年3月5日 あり、か 田中一郎 and 甲斐よしひろ。甲斐をプロデューサー、中島みゆきが作詞曲を手がけた作品。c/w スモーク(RT07-2056) Single 東芝EMI
1993年5月12日 嵐の明日 甲斐よしひろ and KAI FIVE Single ポニーキャニオン
1997年1月1日 YOU ARE THE ONE TK PRESENTS Single こねっとプラン事務局
2000年6月30日 RENDEZ-VOUS(ある愛の物語) ライヴツアー『My name is KAI』入場者全員プレゼントシングル(KAI-000601)。後にアルバム『ホームカミング』に収録される Single BEAT VISION/KAI OFFICE
2001年4月1日 against the wind 制作は1999年。スタジオトラック未発売、ライヴ盤でのみ発表済み BEAT VISION/KAI OFFICE
2003年4月2日 松藤X甲斐 松藤X甲斐 Album オーマガトキ
2004年8月25日 グッド・フェローズ トリビュート・アルバム Album ユニバーサルミュージック

映像作品[編集]

発売年 タイトル 形態 発売元
1987年 イエロー・キャブ VHS 東芝EMI
1990年 Night Tripper VHS
1991年 Funk Up VHS
1995年 SINGER 21st VHS/DVD ポニーキャニオン
1995年 ROCKUMENT -Guitar of Friends- VHS BEAT VISION/KAI OFFICE
1995年 ROCKUMENT II -URBAN VOICES- VHS
1997年 ROCKUMENT III -Female Night- VHS
1998年 ROCKUMENT IV -Home Coming- VHS
2000年 STORY OF US VHS/DVD 東芝EMI
2000年 KAI YOSHIHIRO LIVE IN 飛天 DELUXE VHS BEAT VISION/KAI OFFICE
2001年 My name is KAI Kai Yoshihiro Solo Tour 2000 VHS
2002年 ROCKUMENT V -Wonder Covers Of The Night- VHS
2002年 KAI ROCKUMENT BOX DVD-BOX(6枚組) 東芝EMI
2003年 Series Of Dreams Tour Vol.1 1974-1979 VHS BEAT VISION/KAI OFFICE
2003年 Series Of Dreams Tour Vol.2 1979-1986 VHS
2004年 Series Of Dreams Tour Vol.3 1987-2003 VHS
2005年 PARTY 30 in 日本武道館 DVD ユニバーサルミュージック
2005年 EXPO Classic Kai KAI YOSHIHIRO Tour 2005 DVD BEAT VISION/KAI OFFICE
2006年 MY NAME IS KAI-KAI DVD-BOXII DVD-BOX(6枚組)
2006年 ROLLING CIRCUS REVUE KAI YOSHIHIRO TOUR 2006 DVD+CD
2007年 TWENTY STORIES KAI YOSHIHIRO TOUR 2007 DVD+CD
2008年 Tour of TEN STORIES 2 2008 KAI YOSHIHIRO DVD+CD
2008年 PV BEST〜無法者の愛〜 <甲斐バンド/甲斐よしひろ> DVD EMIミュージック・ジャパン
2010年 KAI DVD-BOXIII DVD-BOX(6枚組) KAI OFFICE
2011年 甲斐よしひろ2011 愛のろくでなしツアー DVD+CD BEAT VISION/KAI OFFICE
2012年 MY NAME IS KAI II 2012 "MEETS" DVD+CD BEAT VISION/KAI OFFICE
2014年 KAI 40年 KAI DVD-BOXⅣ DVD-BOX(6枚組) BEAT VISION/KAI OFFICE

楽曲提供[編集]

提供曲 アーティスト 作詞 作曲 セルフカバー(収録作品)
おかえり ダイアモンド☆ユカイ ホームカミング KAI BOOTLEG SERIES Vol.1
ひかりのまち TOKIO 目線を上げろ<甲斐バンド sometimes KAI YOSHIHIRO>
ラン・フリー(スワン・ダンスを君と)
立川ドライヴ 土屋公平
TOKYO銀河 ジェロ
FIGHT THE FUTURE ISSA アタタカイ・ハート
人生号 Jinsei−GO! KIYOSHI きたやまおさむ ロッカ・バラード<甲斐バンド>(表記は『人生号』)
みえない手のひらで 時任三郎 翼あるもの2
ホームカミング (両方とも別バージョン)
光あるうちに行け 吉岡秀隆 太陽は死んじゃいない
光あるうちに行け 2011(配信限定)
ホームカミング(『光あるうちに行け 2011』の別バージョン)
ナイト・スウィート 葛城哲哉 ホームカミング
仮面 中島みゆき 中島みゆき ホームカミング
サンキュー 明石家さんま カオス
ホームカミング
(両方ともテイク別)
週末(ウイークエンド)ララバイ 竹本孝之 売野雅勇 コンプリート REPEAT & FADE<甲斐よしひろ with 甲斐バンド>
HIGHWAY 25
(両方とも表記は『Weekend Lullaby』、テイク別)
ハート〜降っても晴れても〜 高樹澪 REPEAT & FADE<甲斐バンド>
ホームカミング
(両方とも表記は『ハート』、テイク別)
オクトーバー・ムーン REPEAT & FADE<甲斐バンド>
ハートをRock 松田聖子 松本隆
(甲斐祥弘 名義)
×
赤い靴のバレリーナ 翼あるもの2
ホームカミング
別離の黄昏 研ナオコ Singles II<甲斐バンド to 甲斐よしひろ>
ホームカミング
(両方ともテイク別)
時雨れて 南部麒六 HIGHWAY 25
GOLD/黄金<甲斐バンド>(2007年リマスター盤・ボーナストラック)
ホームカミング
(両方ともテイク別)
グッドナイト・ドール 鹿取洋子 -(マイナス)〜シングル・コレクション Vol.2<甲斐バンド>
奴(ヤツ) 破れたハートを売り物に<甲斐バンド>
異邦人の夜(シスコ・ナイト) 西田佐知子 マイ・ジェネレーション<甲斐バンド>
RENDEZ VOUS(ランデブー) 有吉ジュン RENDEZ-VOUS(ある愛の物語)(ライヴツアー『My name is KAI』入場者全員プレゼントシングル)
ホームカミング(表記は『ランデブー』)
(両方ともテイク別)
メモリー・グラス Singles<甲斐バンド>
(下記2つとテイク別)
甲斐バンド・ストーリー
この夜にさよなら<甲斐バンド>(2007年リマスター盤・ボーナストラック)

※甲斐が参加しているユニット(『KAI FIVE』や『松藤X甲斐』など)の楽曲は除く。

関連書籍[編集]

太字は自著。

出演番組[編集]

太字は現在のレギュラー。

バンド活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時、甲斐バンドとしては東芝EMIに所属していたが、本作の制作のためだけにポリドールとワンショットの契約でリリースされた。
  2. ^ 1996年8月26日放送『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』より
  3. ^ 2007年6月21日放送『スタジオパーク』より
  4. ^ DVD『KAI YOSHIHIRO Big History 1974-2000 "STORY OF US"』より
  5. ^ 本作は、甲斐よしひろのソロ・プロジェクトも含まれるため、クレジットが『甲斐バンド sometimes KAI YOSHIHIRO』となっている。

外部リンク[編集]