田鍋友時

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たなべ ともじ
田鍋 友時
生誕 1895年9月18日
日本の旗 日本 宮崎県都城市
死没 2009年6月19日(満113歳没)
日本の旗 日本 宮崎県都城市
住居 日本の旗 日本 宮崎県都城市
国籍 日本の旗 日本
職業 公務員(土木作業員)
テンプレートを表示

田鍋 友時(たなべ ともじ、1895年(明治28年)9月18日 - 2009年(平成21年)6月19日)は、かつて男性長寿日本一だった宮崎県の男性。2007年1月24日からは、男性長寿世界一となり、ギネスブックにも認定された。また、1895年に生まれた男性の、最後の生き残りでもあった。

宮崎県都城市生まれ。市役所に土木技師として務めた後、農業を営んでいた。亡くなった時点で子供が8人(5男3女)、が25人、曾孫が53人、玄孫が7人いた。新聞を読むのが日課で、日記を何十年も付け続けていたという。好物は牛乳で、毎日午後3時に飲む習慣は欠かさない。自身の長寿の秘訣は、たばこを吸わないこと、焼酎)を飲まないことだという。晩年は五男夫婦と3人で暮らしていた。

2007年に112歳の誕生日を迎えた際、「何歳まで生きたいか」との質問に「無限です。」と答えたという[1]2008年の113歳の誕生日でもあと何年生きたいかという問いに対し「まだ死にたくはない」と答え、健在ぶりをアピールした。2009年5月上旬頃から、起き上がって過ごすことができなくなった。自宅で養生を続けていたが、同年6月16日から食事も喉を通らなくなった。同年6月19日午前5時に慢性心不全のため死去。享年115(満113歳没)[2]。彼が亡くなったことにより、男性の世界最高齢者はイギリスヘンリー・アリンガムとなった[3]

なお、エマ・ティルマン2007年1月28日に死去したことに伴い福岡県皆川ヨ子が長寿世界一となり、一時期に男性長寿世界一と女性長寿世界一の両方を日本人が独占していた。

脚注[編集]

記録
先代:
エミリアーノ・メルカド・デル・トロ
存命男性のうち世界最高齢
2007年1月24日 - 2009年6月19日
次代:
ヘンリー・アリンガム
先代:
徳田二次郎
日本の旗 存命男性のうち日本最高齢
2006年6月12日 - 2009年6月19日
次代:
木村次郎右衛門