田耕シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「田耕」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
枢機卿
田耕莘
Thomas Tien Ken-Sin
カトリック北京大司教
Coat of arms of Thomas Tien Ken Sin.svg
教会 ローマ・カトリック教会
大司教区 北京
着座 1946年5月10日
離任 1967年7月24日(死去)
前任 ポール・モンテーニュ
後任 (空位)
司祭叙階 1918年6月9日
司教叙階 1939年10月29日
枢機卿任命 1946年2月18日
その他役職 カトリック台北大司教区管理者(1959年 - 1966年)
輔仁大学理事長(1960年 - 1967年
個人情報
出生 1890年10月24日
清の旗 山東省陽穀県張秋鎮
死去 1967年7月24日(77歳)
中華民国の旗 中華民国 嘉義県嘉義市
テンプレートを表示
田耕莘
各種表記
繁体字 田耕莘
簡体字 田耕莘
拼音 Tián Gēngxīn
和名表記: でん こうしん
発音転記: ティエン・グンシン
ラテン字 Tien Ken-Sin
英語名 Thomas Tien Ken-Sin
テンプレートを表示

田耕莘(でん こうしん、英語:Thomas Tien Ken-Sin,1890年10月24日 - 1967年7月24日)は、中国カトリック司教洗礼名は「トマス」。アジア出身、また非白人として初めて枢機卿に任命された。1946年にカトリック北京大司教に指名され、その後台湾に渡って台北大司教区管理者を務めた。また、輔仁大学が台湾で復興した後、初代理事長を務めた。

生涯[編集]

1890年10月24日中国山東省陽穀県張秋鎮に生まれた。字は聘三。幼い頃から家は貧しく、父は早逝したため神言会士の福若瑟神父について同県の坡里庄聖堂に居住し、1901年(11歳)でカトリックの洗礼を受けた。その後は兗州の修道院に入り、1918年6月9日兖州天主聖神主教座聖堂で神言会のヘニングハウス(Augustin Henninghaus,中国名:韓寧鎬)司教により司祭叙階された。

1929年3月8日オランダで神言会に入会し、1931年2月7日に神言会士としての終生誓願を立てた。1934年11月23日陽穀の司牧を任され、1939年7月11日には陽穀の代牧司教に指名された。同年11月29日教皇ピオ12世によって司教に叙階され、1940年12月、陽穀教区朝城県に中華聖母宣教修道女会を創立した。1942年11月10日には青島の代牧司教に転任した。

1946年2月18日ローマサン・ピエトロ大聖堂でピオ12世により極東出身者として初めて枢機卿に挙げられた。同年4月11日、彼の提案により中国での正式な聖職位階(ヒエラルキー)がローマ教皇庁の認可を受けて成立し、北京大司教に任命された。1949年より前にアメリカシカゴに移り、北京に避難していたカトリック献県教区の趙振声司教が田耕莘の北京大司教区の代理として引き継いだ。

1958年10月、彼はバチカンに赴き、最初にコンクラーヴェに参加した中国人となった。1960年台北大司教区の管理者に任命された。1963年の教皇ヨハネ23世逝去時には再びコンクラーヴェに参加した。

1966年3月1日に台北大司教区管理者を引退し、嘉義市神言会修道院に居を定めた。その一年後の1967年7月24日、病により中華聖母伝宣教修道女会聖マルティン病院で逝去した。

記念[編集]

台湾新北市新店区には、彼の名を冠した天主教耕莘医院がある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]